2014年8月26日火曜日

チーム・リクイガス、さようなら!また会いましょう!

2年前にイタリアが誇る強豪チームの一つ、リクィガス・キャノンデールは名前を変え、キャノンデールプロサイクリングになりました。
来年は、このチームも消え、ガーミン・シャープと統合してしまいます。結果としてイタリア登録のチームからアメリカ登録のチームとなります。
サガン、バッソ、デマルキを始め、多くの選手は移籍をし始めました。せっかくイタリア経済が長く暗いトンネルから脱出しつつあり、国内のスポンサーはがんばっているのに、とても残念です。
スポンサーがすべての自転車業界、厳しい世界ですね。

今年のジャパンカップに出る予定のキャノンデールプロサイクリングはイタリアチームとして最後の機会となります。みんなでお別れに行きましょう!!!

http://cyclist.sanspo.com/148533


2014年8月25日月曜日

パンターニの謎の死について

8月2日(土)キオスクへ行ったら信じられない光景がありました。
イタリアの名スポーツ新聞、ガゼッタ・デッロ・スポルトと全国紙のレプッブリカにて10年前に変死したイタリアのヒーロー、マルコ・パンターニが全面を飾っていました。しかも、タイトルは驚くようなものでした。
「Pantani fu ucciso (パンターニが殺された)」
新聞を買うしかないと思って2誌を購入!5ページ以上に渡ってスクープ記事が続いていました。10年前に謎の死を遂げたチャンピオンですが、再審請求が認められたそうです。
この日から朝のワイドショーも含め、イタリアの各マスメディアではマルコ・パンターニ特集ラッシュが始まりました。
イタリアで起こっている騒動をわかりやすくまとめてみたので、下記まで読んでください。
http://cyclist.sanspo.com/148522

やはりパンターニは不滅のヒーローですね。

2014年8月17日日曜日

若者に力を!

しばらくの間は里帰りをしていましたので、この日記をサボりました。しかし、帰っている間も仕事をしっかりしました。その一つは実家の近所で行われた「第39回スポルティーヴィ・ディ・ポッジャーナ」というレースのリポートです。
イタリアでは夏でも毎日のように自転車競技レースが行われます。この「スポルティーヴィ・ディ・ポッジャーナ」は39年の歴史を持ち、23歳未満のアスリートを対象とします。実は未来のチャンピオンを披露するもっとも重要なレースの一つです。
「ど」が付くほどのど田舎の小さな村で行われるが、雰囲気は素晴らしいものです。参加者の中にはイタリア屈指のチームの他、多くのナショナルチームも参加。日本ナショナルチームも。質が高く、まるでジロ・ディタリアのステージを見るようです。
やはりイタリアは自転車が熱いね。
レポートはこちらへ↓
http://cyclist.sanspo.com/147312

2013年のビデオリポートはこちらへ↓


イタリアへ行ったら、ぜひレースを自分の目で見ましょう!!!

2014年7月26日土曜日

スポンサーの話。。。


昨日公開された連続シリーズ「つれづれイタリアーノ」のテーマはどうしようと悩んでいました。
ヴィンチェンツォ・ニバリ特集にしよう思いました。28歳の彼は、ツール・ド・おフランスに優勝できる確率はほぼ100%だが、やはりレースは最後までわからないので、保留としました。
その代わりに別のテーマを選びました。スポンサーの問題です。
きっかけだったのが、地元のサッカーチームの消滅です。100年以上の歴史を持っているチームでしたが、運営に必要な資金を調達できず、結果としてチームが消えました。スポンサーはチームを捨てたからです。
今回の出来事を分析し、自転車のスポンサーについて考えました。特に、マリアローザのスポンサー、バロッコ社社長の言葉に驚きました。
サッカーより自転車を!
あまりびっくりしなかった。以前から自転車競技が持っている高い宣伝効果を聞いていたので、逆に面白かった。記事は下記まで。
http://cyclist.sanspo.com/144969

2014年7月19日土曜日

メッシーナ海峡のサメ!強い!


今年のツールどおフランスは久しぶりに面白い!
今日も山岳コース(第13ステージ)。そして、先ほど、メッシーナ海峡のサメこと、チームAstana所属のキャプテーン、ヴィンチェンツォ・ニバリが3度目となるステージ優勝を飾りました。強い!
優勝した瞬間、全国紙が一斉に速報を出した!
Tour, trionfo di Nibali sulle Alpi (ツール、ニバリはアルプスを制す)
サッカーワールドカップではイタリアはだめでしたが、自転車競技においてイタリアはやはり強い!13ステージ中、ドイツに並び、イタリア人も4回ステージ優勝。
さて、ニバリは最後のステージ、パリまでマヨ・ジョーンは持って行けるか!
ツールの道路の下に魔物が住んでいるので、総合優勝を祈るばかりです!

2014年7月18日金曜日

ここが変だよ、日本!

日本はとても住みやすい国ですが、たまに不思議な法律に驚かれます。一つは、いわゆる「ダンス規制法」。深夜1時過ぎに、クラブやビーチでサルサや盆踊りを踊ったら、アウト!風俗営業に当たるらしい。
もう一つは、道路交通法。

本日の産経新聞より

高速道路を自転車で逆走 運転の男性、トラックにはねられ重傷

 18日午前2時15分ごろ、堺市美原区の阪和自動車道の美原南インター付近上り線で、自転車の60代くらいの男性がトラックにはねられ転倒、左腕を骨折する重傷を負った。大阪府警高速隊は、自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑で、トラックの同府摂津市鳥飼野々、会社員、古川一男容疑者(66)を現行犯逮捕した。
男性は自転車が立ち入り禁止の高速道路で、自転車で逆走しているにも関わらず、トラックと接触したことで、運転手が逮捕されることに。
自転車の人の無責任な行動が事故を招き、ルールを守っていたトラック運転手が逮捕される。
常識で考えると、逆じゃない?法律解釈の問題?
ここが変だよ、日本。

2014年7月16日水曜日

お金の話,,,

今日はお金の話しをしましょう。スポーツ選手にとっては、基本給の他に賞金は重要な収入源の一つ。ジーロやツールでは、毎日様々な賞金がでます。ステージ優勝賞金、マヨージョーン賞金など。昨日までのツールの獲得賞金を見てみよう(7月15日現在)。

1位、マルセル・切ってる 24,350€
2位、ヴィンチェンツォ・ニバリ24,161€
3位、ピター・サガン 23,930€
4位、ブレール・カドリ16,533 €
5位、トニー・マルティン15,350 €

チームAstanaが獲得した賞金の総額は 36,740€
もちろん、一人の選手はがばっと全額をもらうわけなく、チーム内に分かち合うことがルール。
さて、今日で賞金はどう動くか。気になるところです。

追伸♥
総合優勝した選手に450,000€(約6300万円)が贈られます。
欲しい!!!

2014年7月15日火曜日

言葉の壁!



cyclist.sanspo.comにて好きなコラムがあります。ブリッツェン監督の栗村修さんの「“輪”生相談」です。このコーナーは読者の様々な質問を答えるもので、とても面白い。
6月17日公開の第25回では、自転車留学を考えている16歳の男子高校生は留学すべきかどうか、悩みをぶつけた。
栗村さんはメリットとデメリットを分析し、様々な事例を紹介する。
http://cyclist.sanspo.com/138563
個人的に気になった1カ所があります。
「言葉ひとつとっても障害になる」
そう言葉です。 海外や国際の舞台で活躍するには、最低限の語学力が必要不可欠。
これは、イタリアや日本といった天然資源のない国では、語学の取得は通らなくてはいけない道です。海外との貿易がないと、経済が破綻するからです。

自転車競技において、公用語は二つ:英語とイタリア語!
トム・ボーネン、カンチェッラーラ、クリス・フルーム、カデル・エヴァンス、フィリップ・ジルベール、ピター・サガン、タイラー・フィニー、エディ・メルクスなど、みんなイタリア語を流暢に話しています。
イタリア人として嬉しいことですね。
さて、みんなで自転車イタリア語合宿をしましょうか?笑
http://www.il-centro.net/01/page2/italiano_inbici/index.html

2014年7月14日月曜日

Che ecatombe!!!

ツールどフランス2014よ!
クリス・フルーム(TEAM SKY)に続き、優勝候補の一人、アルベルト・コンタドール(TINKOFF-SAXOBANK)も落車して棄権!!!
なんということ!まるでサッカーワールドカップの波瀾万丈の展開を見ているようです。
ああ!こうしてヴィンチェンツォ・ニバリの優勝につなげればいいけど。。。

Brava Germania!

けさ早く、サッカーワールドカップ、世界選手権2014年が終わりました。
ドイツがアルゼンチンを下し、26年ぶり4度目の優勝を飾りました。
いい試合でしたので、どちらも勝ってもおかしくなかった。二つのチームにブラーボと言いたい!

さて実は、ツールどおフランスでもドイツ人選手が強い!
メッシーナ海峡のサメこと、ヴィンチェンツォ・ニバリがマヨージョーンを着ている間、マルセル・キッテル、アンドレ・グライペル、トニー・マーティンがステージ優勝!9ステージ中、5つのステージはドイツ人が優勝することに。
ドーピングスキャンダルが相次いだ2000年代。牛マークのミルラムを最後にドイツのワールドツアーチームは消滅しました。しかし、今のドイツでは自転車競技は再び脚光を受けはじめています。やはり経済力はそのままスポーツにも反映されることなのか?

さて、今夜はツールを見て、久しぶりにドイツワインでも飲もう。
もちろん、心の中でイタリア人勢を応援いています、笑

2014年7月11日金曜日

イタリア人は古いものが好き?大ウソです!


イタリアでは最新鋭の自転車と同じぐらいの数の古い自転車は町中で見かけます。
見てみると、そのほとんどが格好良く、スタイリッシュ。なぜか!
イタリアでも多くの自転車が生産され、消費され、消えててゆく運命にあります。これは日本と一緒。
しかし、一部のデザインの優れたものだけが残り、その名車が倉庫入りせず、街を走りつづけます。結果として、おしゃれな自転車がだんだん増えます。
つまり、イタリア人は古いものが好きのではない。

美しいものは好きだけなのです!


美しい物を手放したくない!
街並みの同じです。なぜイタリアの街並みが美しいかというと、美しい建物、美しい教会だけが残るためです。

今年は、「グラツィエッラ」という可愛い折りたたみ自転車の製造50周年記念日に当たります。なんと!ボッテッキャという大手自転車メーカーはその名車を復活させました。そしてイタリアは空前のグラツィエッラブームに沸いています。
私の実家にあるので、帰ったら乗ります!!!
詳細はこちらへ

http://cyclist.sanspo.com/142590

2014年6月27日金曜日

自転車と世界遺産!

先週、日本は18番目となる世界遺産が誕生しました。群馬県にある「「富岡製糸場と絹産業遺産群」です。
レースやイベントのため群馬へはよく行きますが、こんな場所を知らなかった。群馬へ行く時に新しい楽しみができました。
実もイタリアも世界遺産だらけです。6月21日に、富岡製糸場と絹産業遺産群が決まった同じ日にピエモンテ州のランゲとロエロ、モンフェッラートの広大で美しいブドウ園が50番目の世界遺産として認められました。イタリアは世界遺産所有国として世界ダントツのナンバー1です。その範囲も広すぎる!

経済危機以前のイタリアは、文化遺産や世界遺産の保全のために十分な予算を組んでいましたが、リーマンブラザース倒産の後、急激に予算がカットされ、世界遺産にも危機が訪れています。修復したくてもできない事態が起きています。

さて、イタリアの世界遺産と自転車はどんな関係があるか!
サイクリストサンスポに連載中のコラム「つれづれイタリアーノ」 にてこの問題について書いてみました!
http://cyclist.sanspo.com/140053

ぜひ読んでください。

2014年6月17日火曜日

It's a Sony!

現在、引っ越し作業中。
住み慣れた東京外れの古い民家からもう少し会社に近いアパートを借りることになりました。決め手は、自然がたくさんあること、そしてローラー台は遅い時間も不自由なく使えること。
さて、引っ越しに必要なものは大量の段ボール。
そこで、とても懐かしい段ボールを見つけました。ソニー製のCDラジカセのもので、そのロゴは「It's a Sony」。何年前のものでしょう。

高校時代から映像作りが好きで、ソニーが出したばかりの8㎜ビデオカメラとパナソニックのVHS-Cビデオカメラを見て、電気店の前でよだれを垂らしたことがあります。当時はあまりにも高価なもので、学生には無理な買い物でした。VHSレコーダーを買うだけで2か月分のアルバイト代は足りないぐらいの時代でした。

さて、ソニーは苦戦を強いられていると言われているし、私もしばらくの間ソニー製品に魅力を感じなくなりました。しかし、昨年から個人的に大ヒットしている商品があります。SONYのフルハイビジョンアクションカム HDR-AS100V です。
これ、これ↓

ビデオ映像はきれいで、手振れ防止機能は素晴らしいだけでなく、驚かされた機能はもう一つありました。それが写真!

日曜日、房総半島を走って写真も撮ってみました。大満足!キャノンやニコンのフールCMOS一眼レフに衰えますが、100gも満たない小さなボーディ―にマリオ・チポッリーニのパワーとマルコ・パンターニの繊細さが秘められています。
映像編集の好きな人なら、ぜひ試してみてください!!!
GoPROは苦戦するだろうね。。。
Forza Giappone!!! 

・写真に編集なし
・手持ち
・全自動設定
 
 

2014年6月13日金曜日

文化の違いこそ面白い!

昨日のポストに続き、今回はまたマナー問題。今度は競技者側から。

プロでも一般市民でも自転車レースにおいて、マナーが重視されます。
ゴミのポイ捨て、危険な割り込み、罵声は規制の対象にします。用をたす時に下半身を人前で露出することも禁止。やはり人を不愉快にする行為を避けるべきです。
さて、ジロ・ディタリア中はとあることが起きました。

あるイタリア人選手はゴールを切った途端に、とても下品なジェスチャーをしました。海外ではあまり知られていないようですが、イタリアでは誰でもわかるジェスチャー!意味は、中指をたてると一緒です。
さて、今日公開された「つれづれイタリアーノ」ではイタリアのジェスチャーを紹介しました。私も日本に来て、ジェスチャーや言葉の違いを痛感しました。

ところで、私の記事を読んだ方はこう書きました↓

この手の話は「ヨーロッパ人の奇妙なしぐさ」が詳しいけど、世界各国で違いすぎて全部対応するなんていうのは正直無理だと思っている。その国の人になろうとか思うんでなければ普通にしたらいいと思うな。 
ま、確かにそうです。気持ちはわかります。テレビではこの手のバカなクイズ番組が多いからです。しかし、この「普通にしたらいいと思うな」は、少し違うと思います。私たちが「普通だと思う行動」は他人から見たら決して「普通ではない」からです。
逆に文化の違いを知って、危険を回避するだけでなく、旅行がもっと楽しめると思います。
文化の違い、万々歳!!!
http://cyclist.sanspo.com/137996

2014年6月12日木曜日

一線を越えた自己満足の世界

Youtubeをよく見ます。ビデオ編集の勉強になっているだけでなく、新しく出てくるアクションカメラの性能を確認するためです。各メーカーが出している宣伝用ビデオは嘘っぽすぎて、普段のユーザーの生動画のほうが説得力があります。こうやってGoProではなく、Sonyのアクションカメラの購入を決めたのです。 GoProもいい製品ですが、手ぶれが。。。
ここで今日は面白い動画を発見。
実はとんでもない動画です。
自転車レースにおいて観客と選手の距離はとても短い。レース中は道路に一歩を踏み出す観客との接触で、大事故につながるケースも目立つようになりました。特に山岳コースにおいて、プロでもスピードが遅く、暴走した観客たちはやりたい放題。
道に溢れるわ!押すわ!写真を撮るわ!つばをはくわ!
下のビデオを見て唖然しました。
選手たちの苦労を讃えるではなく、自分の「esibizionismo(露出症)」を自慢するものです。実際に批判的なコメントも多い。
さて、やっては行けない行為を見てみましょう(案外と作りはしっかりしている)!


ジロ・ディタリア2014
第20ステージ:マニアーゴ 〜ゾンコラン

2014年6月4日水曜日

美しいもの!

video
古い物は「かっこう悪い」と誰が決めつけられるのか。
格好いい物は古くても新しくてもかっこういい!

最新の性能の自転車もいいが、アンティークな車もいいね。

2014年6月2日月曜日

泣いても笑ってもジロが終わりました。



昨日、第97回ジロ・ディタリアが感動的に終わりました。 イタリアのアクロバット隊、フレッチェ・トリコローレも空中のパレードを行い、心がときめきました。21日間続いた3000㎞以上の過酷なレースが終了。もう腹いっぱい。
コロンビア人のナイロ・きンターナが優勝を飾り、日本とイタリアのチーム、ニッポ・デローサで育ったジュリアン・アレドンド選手もマリア・アッズッラ(山岳の王)ジャージを獲得。
南米選手は強い!
しかし、イタリア勢も黙っていられない。ランプレ・メリーダのディエゴ・ウリッスィ選手もアスターナの若手選手、ファビオ・アルもがんばりました。そうそう。若い人の活躍が光ったジロでした。
しかしながら今年は残念に思った点が、3つあります。
(1)悪天候によるけがの連続
天気は本当に過酷なものでした。5月のイタリアは天気は変わりやすいのが特徴ですが、今年は変わりすぎ。雨が多かったせいで、スリップによる落車が相次ぎ、多くの選手はリタイアしてしましました。そのため、怪我を恐れ、アタックを控えるムードが蔓延してしまったような。。。
(2)オーガナイザーのドタバタ劇
ステルヴィオ峠のステージで大きな誤審があり、さらに理不尽な誤審が相次いだので、選手からだけでなくジャーナリストたちからも不満が連発。ナイロ・キンターナの優勝は誤審のおかげだと一般的な見方(個人的に強い選手で優勝は妥当だと思うが)。。。
(3)キャノンデールとイエロー・フルオチームの不在
怪我、病気やリタイアの影響で両チームが有力な選手を失ったが、存在感が薄すかった。特にイバン・バッソは不発。好きなチームだけに残念でしょうがない。

さて、今夜からツール・ど・おフランスまでぐっすり眠れます。
オールヴぅアール

2014年5月30日金曜日

イタリアのエイドステーションはいいよ!

レースに出た人なら、気になるものがあります。それはエイドステーションです。
大会によって「補給ポイント」とも呼ばれ、参加者に簡単な食事や水、スポーツドリンクを提供する重要な存在です。
次の補給ポイントはどこなのか、水が足りるのか、エネルギーは持つのか。。。
選手たちは頭で消費エネルギーを計算しながら走っています。エネルギーや水分を補給できるかどうかによって勝利は大きく左右されます。
日本国内のエイドステーションで提供されるものは、ほとんどの場合はとても簡素なものです。バナナとパン類など。水とスポーツドリンクだけ。ひどい場合は、水分だけ。
特に見た中でツール・ド・沖縄の場合は一番ひどい。210㎞の市民レースの場合、エイドステーションは3つだけ。予算が足りないのか、提供されるものは、水道水又は、水道水で薄めたスポーツドリンクだけ。

しかし、イタリアのグランフォンド(距離の長い市民レース)の話になると、補給ポイントはすごい!各大会はどれだけおいしい食事が出せるか!を争っているようです。場合によって参加者はレースの成績そっちのけで、食事をめがけて参加しているようなものです。究極の「参加することに意義あり!」ですよね、笑
さて、イタリアのおいしいエイドステーション事情はここです↓
http://cyclist.sanspo.com/135718

ぜひ、参加してみてください。

2014年5月28日水曜日

激震の第16ステージ

イタリアで激震が走っています。
雪と雨が降る中で昨日行われたジロ・ディタリア第16ステージは、4500mの高低差を走る選手たちにとっては過酷なものでした。でも一番過酷な試練がまだありました。
オーガナイザーの伝達ミス。

自転車競技において「radio informazioni (通常:Radio Corsa)」というサービスがあります。無線放送で参加者全員にレースの情報を共有するシステムになっています(落車、事故、先頭メンバーなどの情報など)。
昨日、雪が多かったので中盤のステルヴィオ峠の下りは危険だとされたので、ラジオ・コルサの無線は選手たちにゆっくり降りるように命じた。しかし、これに従わなかった一部の選手たちが下りでアタックし、結果として大差で勝利!

さて、伝達ミスだったのか!全チームの理解ミスだったのか!ずるだったのか!
今朝になってイタリアのすべてのマスコミがジロについて大激論を起こしています。マルコ・パンターニの追放以来の大騒ぎです(↓今朝のジロ最新情報)



さて、今日のジロはもっと気になります!!!絶対見ましょう!


2014年5月26日月曜日

ビバ、ランプレ!!!

昨日、仕事が忙しくてGiro del Giappone (ツール・オブ・ジャパン)東京最終ステージは見に行けなかった。晴天だったし、日本国内でめったにステージレースが見られないので、悔しい!
しかし、夜はメインスポンサーの宮田サイクル、OGKカブトのLampre Merida welcome partyに出席できました。やはり楽しかったです。選手たちだけでなく、日本人スタッフや招待客もイタリア語と話せて、まるでイタリアにいるような錯覚に陥りました。

オン・オフで選手たちの顔はまったく違うのですが、大型画面で映し出されるレースを見ると、やはりみんな真剣そのもの。レース展開に合わせて脚もぴくぴくと動いていました。
さて、パーティーの様子はここで見られます(動画付き!)↓
http://cyclist.sanspo.com/135003

次はみんなと走りたいなぁ(殺されると思うが。。。笑)!!!