インビーチ、自転車イタリア語

2015年2月20日金曜日

スィートですっぱい話。。。

 

今日、連載中のコラムに珍しくイタリアんスィートの話をしました。
本当のことを言いますと、小さいころから甘いものはあまりに好きではありません。
お店で買う菓子より、おばあちゃんが作ってくれた甘さ控えのイチジクジャム(畑にたくさんありました)と母の手作りタルトが好きでした。特に杏、リンゴ、苺やベリー系のすっぱいジャム入りのタルトが一番好きでした。
砂糖が高価なものだったか、おばあさんと母が砂糖をケチっていたか、定かではありませんが、結果として甘さ控え目のケーキが好きになりました。
別の要因があります。おばあちゃんの家へ行くたびに、木に登ったら新鮮なフルーツは採れるので、ケーキより果物は好きになりました。
今も一番好きな果物は、酸味の強いりんごです(フジは最高!!!)。

本格的にスポーツをし始めてから、カロリー摂取のため、甘いものをよく口にしていますが、人工的な味のパワーバーやジェル類よりもパニーノが好きです。値段も安く味もおいしい。
やはり子どもの頃に受けた影響はすごいですね。

今日は甘い物について書きましたので、ぜひ読んでください。
http://cyclist.sanspo.com/171209

2015年2月19日木曜日

宮崎駿その(2)

昨日、宮崎駿が作り上げたルパン三世像について書きました。
今日はまた宮崎駿についての発言に同感しました。脱帽です。
あるTBSのラジオ番組では、シャルリー・ヘブドについてこう話しました。

「異質の文明に対して、崇拝しているものをカリカチュア(風刺画)の対象にするのは、僕は間違いだと思う。やめた方がいい。(風刺画は)まずもって自国の政治家に対してやるべきだ」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150217-00050003-yom-ent
ごもっともですね。
フランスの風刺画を載せているCharli Hebdo紙について私もそう思います。3流を取り越して、そもそも4流の雑誌なのです。 この雑誌の絵には性的描写は強く、偏見に満ちています。風刺画は、刺されてもわからないぐらい、もっと鋭い刃を持つはずです。
殺されたスタッフはお気の毒ですが、自然に消滅してほしかった雑誌です。
表現の自由には、相手の文化を傷つけないところから始まるはずです。そもそもヨーロッパの文化は、帝国主義の歴史と多文化弾圧の上で成り立っていますから。

福島の原発事故を笑いものにした風刺画。
「福島原発事故のおかげで相撲はオリンピック競技になりましたよ」って

2015年2月18日水曜日

ルパンはイタリア人だったのか!!!

日本の国民的なキャラ、ルパン三世。
泥棒で、女たらしで、人殺し。子どもに絶対に真似をしてほしくない人物ですが、なんだかかっこういい。イタリアでも愛され、イタリア人自身がコスプレをしたり、ファンがビデオを作ったりします。



なぜイタリア人の間でそんな人気になったのか。やっとわかりました!ルパンはイタリア人だったのです!
この下に驚きの宮崎駿のインタビュー!
国籍を考えた時、ルパンっていうのは僕なんか、どう考えてもイタリア人って風にしか思えないですよねぇ。フランス人のようなエスプリに満ちた洒落た男じゃなく、むしろイタリア人の無骨さ。
貧乏人のイタリア人だよね。ナポリあたりの、能力はあるけど泥棒しかやることが無かったから泥棒になってしまったっていうような。
そうなると車なんてFIATがぴったりなんですよね。

宮崎駿は本当にイタリアが大好きですね。嬉しい限りです。
原文はこちらへ↓
http://ghibli.jpn.org/report/lupin-3rd/

2015年2月14日土曜日

愛の日、チョコの日、パンターニの日、そして。。。

今日は2月14日。
この日は様々なイベントや記念のある日です。
  • イタリアでは「愛の日」、バレンタインデー。
  • 自転車業界では「マルコパンターニが亡くなった日」(今年で11周忌)
  • 日本では「義理チョコの日」(実は嬉しい習慣。。。)
  • そして、「ふんどしの日」!!!
http://www.japan-fundoshi.com/

ま、あの手この手で様々な業界は業績を伸ばすために、一生懸命です。正式に設定された記念日ですが、便乗ネタにしか思えません(笑)。
ふんどしをもらっても・・・
どう使いますか?笑

2015年2月11日水曜日

温かいので、2度目の生脚!

今日は休みですが、仕事ですのでいつもの通り、自転車通勤。
少し暖かくなったので、今年2度目の生脚。今日の色はピンクと白。
雪解けの後は桜が咲くというイメージで選びました。
「脚は寒くない?」とよく聞かれますが、この時期は寒いに決まっています。
朝の気温はまだ低いので、最初はレッグウォーマーをします。体が十分に温まってから脱ぎます。
非常に寒いと感じる時に、脚にオイルを少し塗ります。効果抜群です。
さて、そろそろ生脚季節がやってきます!!!
みんな、サイクリングに行きましょう。

2015年2月8日日曜日

恋をした!

デザインは恋のようなもの。前触れもなく襲ってきて、理屈もなく欲しくなる。
今回はスペシャライズド製のヘルメットに恋しました。
今までこの会社の商品(バイク、シューズなど)を買ったことがないが、今回は純粋に「欲しいもの」と思いました。このヘルメットです。
白をベースに、デコレーションの鮮やかな色彩。なんだか元気が出るものです。
気に入ったポイントは、最先端のデザインに水彩画のようなモチーフ。やはりコントラストの強い色と、意外性のコラボレーションのマジックに弱いです。
ただ、問題点が一つ!
説明によりますと、このヘルメットは「日本向け仕様となっており、日本人4000人の頭型データより設計したアジアンフィットを採用」!!!つまり、僕の頭の形に合わないということです!!!
ああ、果たしてこの恋の行方は。。。泣

詳細は下記のリンクまで↓
http://cyclist.sanspo.com/169243

2015年2月6日金曜日

雪はやはり楽しい!

豪雪地帯に住んでいないので、雪を見ると非常にデンションがあがります。まるで雪を見ている子犬のように胸が躍ります。昨日東京で雪が降らなかったので、とてもがっかりしています。
イタリアでも雪の楽しみ方は色々。
雪合戦
雪だるま
雪蔵
ウィンタースポーツなど
 
そして今年、新しい遊び方を発見しました。Bici Grasse(ファットバイク)という特殊なタイヤのついた自転車を使ってゲレンデを滑走することです!!!
場所は、イタリアの山の女王と呼ばれる、コルティーナ・ダンペッツォ市。1956年冬季オリンピックの開催地。現在、世界自然遺産。
Bici Grasseのレンタルを始めたオーナーにも電話インタビューしましたので、その様子をここに紹介。ぜひ読んでください↓
http://cyclist.sanspo.com/169125

ああ! 休みが取りたい!!!笑

2015年2月5日木曜日

サイクル女子!やはり強い!

知っている人がインタビューを受けたり、記事を書いたりすると、やはり嬉しい。その人は何を考え、何をめざし、どのように生きているかを知るために重要なことです。
インタビューには、建前と本音は混在しているので、その人の知識や知性度もわかります。

カペルミュールの関係で日向涼子さんと知り合い、彼女からモデル業のABCを習いました。日向さんは最近、「サイクル女子(?)」として注目を浴びて、各メディアからインタビューを受けています。
最新のインタビューはこれです。内容は、ツール・ド・おフランスに挑戦すること↓
http://cyclist.sanspo.com/168270 



追伸:
日向さんのコラムです。なかなか面白い! ぜひ読んでください。
http://cyclist.sanspo.com/spindex/138620

2015年2月2日月曜日

撮影男子の憂鬱。。。

やはり「撮影男子」は高いおもちゃが好きだなぁと実感させたCMを見つけました。。。
”シリーズもの”の先駆け者となった、イタリア王手出版のデ・アゴスティーニ社は、なんと!撮影のできるヘリコプター型ドローンの販売を開始します!!!
http://deagostini.jp/srd/

ほしい!ほしすぎる!!!撮影の可能性はぐんと広がるからです。
最近、ヘリコプター型ドローンはテレビでもよく使われていますし、撮影のために高価なクレーンのレンタル料を省くことだけでなく、自由自在に撮影ができます。
このモデルに関しては:

  • 飛行時間:10分
  • 撮影機能:あり! 
  • GPSセンサー内蔵
  • アクションカメラ装備可能
  • デザインはフェラリーも手がけているピニンファリーナ
申し分のないもの!ほしいいいいい!!!
デ・アゴスティーニ社は歴史が古く、出版業務は1901年から開始!
80年代に「English for you」という英会話教材シリーズを発売し、この分野で急にブレイク。さらに、「ビルドアップ」と呼ばれる付録パーツを組み立てていくタイプも多く出しました。
この会社のビジネスモデルは、教育からホビーまでシリーズ化し、販売すること。かなり成功しています。
創刊は安く、2号から定価販売。今回のドローンもそう。

★創刊は999円  ★2号以降、2990~3990円。

このドローンシリーズは57巻まであるので、合計:
13万円以上。。。

まぁ、ローンやリボ払いだと思えば、高くないと思います。気になるのが、バッテリーの持ち時間。普通のバッテリーが使えるなら買います!!!



ああ、「撮影男子」はバカだなぁ。。。

2015年1月30日金曜日

スキーはできませんが。。。

スキーはできません。悔しくてできません。体重移動、カーブへのアタックのスキルを身につくためにとてもいいスポーツです。
スキーはできませんが、自転車で雪を走り回れます!!!
今日は東京でうっすらと雪が降ったので、自転車通勤でした。しかし、すぐに溶けてしまいました。
やはり東京は暑すぎます。
来月の降雪量に期待します(笑)

2015年1月27日火曜日

1月だ!スキーの季節のはずですが。。。

。。。1月は寒いですよね?スキーの季節ですよね?熱々の鍋がおいしい季節ですよね?
今日は気温は急に上昇しましたので生脚で通勤。今年初めてのことで、実に気持ちいい!
温かくなると、確かに嬉しいことです。しかし、よく考えてみればこの季節で生脚は異様な光景です。
沖縄やシチリア島はわかるとして、関東地方で1月は凍えるような寒さのはずです。
やはり温暖化はここまで来ているかと思うと、ぞっとします。
どうすればいいかな?

2015年1月26日月曜日

やっちゃいました!ファッションチェック!

先週の金曜日、私がサイクリストサンポで担当する自転車ウエアーファッションチェックが出ました。
プロチームの2015年ウェアをファッションチェック
昨年、多くのジャージは微妙で突っ込みどころが多く、今年もかなり期待していました。どれだけ斬れるか!と胸の中で各チームの発表を待ち続けていました。
しかし!年末から発表されてきたジャージを見ていると、大きな不安を覚えました。なんと!ほとんどのチームたちがジャージをおしゃれに改良!!!
しかも、突っ込みたかった日本ナショナルジャージとエウロカー(ヨロップカー)は更新されず、昨年と同じ書き込みを避けました。
突っ込みところをやめ、あえていいところを見つけ、褒めました。やはり、「いいものはいい」ですね。
さて、ここだけ番外編として新しい「賞」を追加しました。
ぜひ一緒に楽しみましょう。

歴代永遠に残したいおしゃれジャージで賞
このジャージでしょう!マリオ・チポッリーニが所属していたアクア・エ・サポーネ/カンティーナ・トッロ(2002年)のシマウマジャージ。なんと!このジャージのデザイナーはあの世界的に有名なロベルト・カヴァッリ。彼がアニマル柄が得意で、東京の巣鴨や大阪下町のおばあちゃんファッションとはぜんぜん違いますね、笑
大胆でかっこういいいいいいいい!!!


歴代痛々しいジャージで賞
チーム・フートンセルヴェット(2010年)に決定!!!この写真の背景は黒でなければ、全員は裸に見えます。さらに胸に足跡。。。ないでしょう!!!w


歴代パクリで賞
いうまでもなく、日本のTEAM YUKIOの初代ジャージ(2012年)!
どこから見てもチームコロンビアハイロード(2009年)を真似しすぎたと思います。

さて、2016年のジャージも大いに期待します!!!

2015年1月22日木曜日

イタリア式ファッションチェック!!!

問題作とされたあのお騒がせ記事からもう一年が経ったのか。(笑)

時間の流れが速い!
しかし、今年もまたやっちゃいました!!!今年もかなり悩みました!!!でも素晴らしい変化を見ました!やはりスポーツジャージは難しいと改めて思いました。
機能性とファッション性を両方持たないと、ダメですよね。
2015年版、明日はcyclist.sanspo.comにて公開です。
ご期待下さい!!!


2015年1月20日火曜日

この遊び心が最高!

バカなことを真面目にやるとこんなに楽しいものか!漫画チックで素晴らしい。
昔のルパン三世のオープニングを見ているようです。

来年の年賀所はこれにしますか?みなさん、手伝って!!!w

2015年1月16日金曜日

パスポートのデザイン変更。。。

面白い記事を発見しました。
日本のパスポートは他国に比べて地味のようで、デザインが変更されるかもしれません。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150112-00050103-yom-pol

普段、引き出しの中で眠っているパスポートですが、旅に出ると、なかなか面白いものです。
飛行機に乗った時の暇つぶしとして、今まで行った国を思い出したり、入国時のスタンプは押されない場合、損した気分になったり、入管がなぜこんなところにスタンプを押したのだろうと不思議に思ったり。。。
子どものスタンプラリーのように、スタンプが増える度に小さな喜びを感じます。

さて、日本のパスポートは本当に言われているように地味なのでしょうか。
実際にイタリアの一般のパスポートと比較して検討しましょう。

【表紙比較】
Giappone
 Italia

表紙からしますと、おしゃれか地味かとはどちらも言えません。普通です。
問題は中身かな?
【中身の比較】
Giappone

 Italia
確かにイタリアのほうがおしゃれと言えば、おしゃれです。
すべてのページには異なるデザインになっています。彫刻やレリーフ、建物と教会の断面図などがあり、どこにあるのか、私でさえ、ほとんどかわかりません。ああ、もっと美術史を勉強すればよかった!!!このパスポートのために、42ユーロを払ってよかったです!

ところで!
イタリア外務省が発行しているイタリアの旅券の歴史などの資料を見つけました。赤外線に当たると色はどう変わるか、偽造を見極める情報まで記載されてあります!
全部イタリア語ですが、なかなか面白いので、見てください(PDFファイルです)。
http://www.esteri.it/mae/doc/specifiche_pass_italiani.pdf

ちなみに、日本のパスポートの中に、アメリカが義務づけたICチップの入っている、こんな不便で邪魔なページがあります。
イタリアのパスポートでは表紙に薄く組み込まれていますので、お邪魔になりません。
さて、ユーロの価値は急激に落ちているので、早めにイタリアへ遊びに行かないと! 笑

2015年1月12日月曜日

イメージマッピングは要りますか。

最近、流行りのイメージマッピング。建物などに映像を映写し、動いているように演出します。
個人的に好きではありません。感動が得られないからです。



ディズニーランドや志摩スペイン村のようなテーマパークが嫌いな理由は、ここにあります。全部偽物に見えます。
感動する美しさを作り上げるには、時間、お金、知識、精密な計算が必要。
スポーツ、料理、文学だけでなく、物作り、美しい人にも当てはまります。
美人になるには、もともと自然が与えてくれた美しさもありますが、丹念に磨かないとだめですね(笑)。

スピード勝負は、時によって麻薬のようなものです。
感動はすぐ得られますが、その反面、すぐ飽きます。
さて、 日本でも美しい場所を次から次へ壊さないでほしい。

2015年1月9日金曜日

シチリアへ行きたい!!!

イタリアは日本に似ています。国の形は細長く、海に囲まれています。
イタリアの場合は北側にフランス、スイス、オーストリア、スロヴェニアとの国境があるだけです。
南は海を越えればすぐにアフリカ大陸です!

今日公開の大人気(?)のコラム「つれづれイタリア~ノ」では、イタリア最南端の島、シチリアについて少し書きました。日本の野球のキャンプは石垣島と宮崎県、イタリアのロードレースチームは、トスカーナ州かシチリア!
シチリアと言えば:

トマトと茄子の利いたメシ!

元気な活火山!

古代ギリシャ、古代ローマの世界遺産&。。。

 。。。世界が誇るマフィア!

どちらを取っても個性的で刺激的なものばかりです(笑)
さて、コラムは下記のリンクまで!
http://cyclist.sanspo.com/166334
みんなでシチリアへ行こう!!!

2015年1月8日木曜日

クリスマスはもう終わりだったっけ?

新年に入っても変な時差ボケに襲われています。
ふと目を閉じると、まだクリスマスの音楽がどこからか流れているような気がします。
さて、たった2週間前に海外の旅先から、クリスマスライドに関する原稿を送ることができました。ぎりぎりだったのでかなりやばかったです。
テーマは:
「“サンタサイクリング”がイタリアで流行」
http://cyclist.sanspo.com/164968


明日は、新年の話が出ます。頭がやっと2015年に切り替えることができるかな?w
さて、新しいコラムをご期待ください。

2015年1月6日火曜日

イタリアからとんでもない恥ずかしい話!

イタリアから信じられない恥ずかしい話がとうとう日本にも入ってきました。
大みそかの夜にローマの警官8割が欠勤してしまったそうです。原因は仮病と献血。。。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150106-00050116-yom-int

私もイタリア人ですが、言葉がでません。
実はイタリアでは国家公務員ほど仕事を怠ける傾向があるのです。アリタリアもそうでした。国営企業だった頃は、サービスが最悪と最低の間でした。
イタリアでは国家公務員は厚く保護されてきました。休んでも給料が保証されます。そして信じられないのが、病欠などの制度を悪用している人を守るのが、なんと、労働組合なんです!!!
その上、イタリアの模範であるべき首都ローマの国家公務員は、イタリアの中でももっともモラルが低いのです。イタリアではローマを指すと、次の言葉がよく使われます。
Roma ladrona
(ローマは泥棒集団)
残念ながら私も思います。
しかし、過去のコーラム(http://cyclist.sanspo.com/156021)でも書いたように、我慢強いイタリア国民も堪忍袋が切れ、声を荒げています。みんな厳罰を望んでいます。
不正は暴くべきなのです。

2014年12月19日金曜日

誕生日について

今日は僕の誕生日です。
たくさんの温かい言葉を頂いていますが、誕生日の意味について考えてみました。

誕生日は「感謝の日」なのです。

まずは、産んでくれた母への感謝の日なのです。
誕生日は、お母さんが苦しみながらお腹から出してくれて、一人旅を始めた日なのです。
そして旅の途中に出会ったみなさんが、僕を励まし、僕を叱り、僕という存在を作り上げました。
だからみんなへの感謝の日でもあります。

これからの一年をこうしたいと誓いました!


 みなさん、家族と友人たちといい思い出を作ろう!