PAGE

2015年8月29日土曜日

完璧な自転車日焼けの秘密!

私の友達の中で「完璧」と言えるほどの自転車日焼けをしています。脚には線を引いたような完璧なラインがあり、上は真っ白、下は真っ黒です。私の場合は、その線はぼやけて、あまり美しくありません。
でも、この写真を見てその秘密がやっとわかりました!!!特殊メイクだったとは!
 急に涼しくなりましたが、私は天然の太陽の光でがんばります!
 みなさん、走っていますか。

2015年8月27日木曜日

負けない心を育つには失敗が必要!


最近、「超」がつくほど大人気漫画となった『弱虫ペダル』の記事が目立ちます。
作品が発表された時、歴史的な自転車ブームにうまく乗ったことも成功の一つの原因ですが、スポコン、オタク、青春ドラマの様子をうまくミックスしたストーリー展開は実に面白い。やはり作者の渡辺航さんは演出家としてブラヴォ!です。
最近公開されたインタビューによれば、彼の原動力は挫折から生まれたようです。
挫折は恐ろしいものです。すぐにだめになる人と、挫折から学び、人生を切り替える人がいます。
「切り替える」力を身に着くには、勉強しかないと思います。雑誌、本、オペラ、映画、趣味、なんでもいいから勉強する。何から始めればいいのかがわからない人は、気になった社会問題から調べてみてもいい。勉強すればするほど、いつか光が見えてくるはずです。
やはり強くなるには「失敗と挫折と勉強」が必要不可欠ですね。
私もたくさん失敗しよう!!!

記事はこちらへ↓
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150827-00922526-sspa-soci


2015年8月26日水曜日

ヴィンチェンツォ・ニバリが消えた!

最近少し忙しく、ホームページ作りを楽しんでいます。まだまだ分からないことが多い。。。
その間、 大惨事が起こりました。
ご存知の通り、スペインで行われているヴエルタ・ア・エスパーニャの第2ステージで、事件が起きました。イタリアのヒーロー、ヴィンチェンツォ・ニバリが集団落車に遭い、先頭集団から遅れを取り戻すため、サポートカーの力を借りてしまいました↓


自転車競技で、たまに見られることで、特に山岳ステージにおいてタイムリミットぎりぎりに間に合うため、スプリンターたちが使う手段です。テレビカメラが回らないため、助かります。
しかし、自転車競技において違反行為で、チャンピオン級の人たちは必ずマークされます。結果として、ニバリが一番重い処分を受け、2日目にして追放されました。
優勝候補だけあって、痛い結果となりました。イタリア語で言うと、「ci ha perso la faccia(ひどく失態しました)」 。
イタリア国内外からかなりのバッシングを受け、本日Twitter公式アカウントを削除しました。Facebookはまだ生き続けているようです。
実は、ツールどおフランスの元王者として「もうしかして日本に再び来るのかな」という淡い期待を抱いていましたが、これで決定的にだめですね。

ニバリが前の日に受けたインタビューに対し、今年の不調について言及しました。
Ho bisogno di ritrovare serenità, quindi ho bisogno di avere ancora vicino a me tutto il mio gruppo. L’errore di domenica non è stato solo mio 
(心が荒れています。私が信頼できるチームを取り戻したい。日曜日の失態は、私だけが原因ではありません!)
深い言葉です。
つまり、ニバリが訴えているのが、今のチーム・アスターナの体制では、安心して戦えないということです。チャンピオンは孤独な存在です。心が通じ合うサポートたちがないと、何もできません。
ヴィンチェンツォ!がんばれ!戻ってきて!!!
Forza Vincenzo, ti aspettiamo!!!

2015年8月21日金曜日

コーヒーは大人の証!

コーヒー!
コーヒーを初めて飲んだのはいつでしょう。小さいころは、ずっとカフェラッテを飲んでいて、物心がついた時から母は火にかけたモカマシーンのコトコトする音を聞いて育ちました。
小学校3年生になると、 コーヒーの作り方を教えてもらいました。マッチを使うことが許されたので一気に大人になった気分でした。
高校に入ると、学校の中でバールがあり、休憩時間になると、みんなでエスプレッソコーヒーやカップッチーノを飲みながら新聞を読んでいました(新聞を買って学校で読むのが大人の証でした!)。
ということで、今回の人気コラムの「つれづれイタリア~ノ」のテーマは、コーヒーです。
http://cyclist.sanspo.com/200642
自転車と絡みますが、ぜひコーヒーを飲みながら読んでいてください。

2015年8月20日木曜日

やはり、ヴエルタが面白い!

この4年間、スペインで行われているグラン・ツールの一つ、ヴエルタ・ア・エスパーニャはだんだん面白くなってきています。今度の土曜日はタイムトライアルでスタートしますが、コースはすごい!
砂だらけで、石だらけ、階段あり!

(上:クリス・フルームが撮影)
タイムトライアル(TT)とは、150万円以上するような自転車、いや精密機械といえるほどの高〜い自転車で時間を争う競技です。タイヤは10気圧にもなるし、路面は少し荒れただけでバランスが崩れるだけでなく、パンクの危険性は十分にあります。今回のコースは、TTよりマウンテンバイクやファットバイクに最適だと思います。凸凹です。
やはりヴエルタの組織委員会はSが強いですね、笑
さて、初日からどうなるか!楽しみです!

2015年8月19日水曜日

わき見運転の恐怖!

このニュースを見てぞっとしました。
法政大学のサイクリング同好会は、わき見運転していた50歳の人にはねられ、全員入院することになりました。一人の女性は重傷です。奇跡的に死者は出ていないようです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2566213.html

東京で自転車通勤する時に、わき見運転をする人が多く、まるで流行っているように思えます。
◎車のわき見運転
◎トラックのわき見運転
◎自転車のわき見運転
◎バイクのわき見運転
◎歩行者のわき見歩行
大体みんな携帯を弄っていて、まるで携帯の霊に取り憑かれているように見えたりします。目が死んでいます。
運転や歩いている時ぐらいはまわりの景色を楽しんでもらいたい。
危機感のなさにびっくり。

2015年8月18日火曜日

あららら!撮られてしまった!

ブラジル、リオデジャネイロで行われているプレオリンピックゲーム。
サイクルロードレース男子日本代表チームの不正だと見られる行為は、沿道にいたファンから激写され、ユーチューブにアップされました。
上り坂でサポートカーに掴まり、激坂を猛烈な勢いで登ってゆくように見えます。自転車レースの禁止行為の一つです。映像は不鮮明ですが、こちらです↓


しかし、これもよくある事で、日本代表チームに限ったことではありません。有名になる前のクリス・フルーム、ジロ・ディタリア中のマーク・カヴェンディッシュも、この「神の手」ともいえる手段を使って、山岳コースを乗りきりました。かつて、ビデオカメラやインターネットがあまり普及していなかった時代は、日常茶飯事でした。
実際は今も、マスコミが騒ぐほどイタリア人ファンはあまり問題にせず、限度を超えなければよし!とされます。
確かにその通りです。自転車競技のきつさを味わった人なら、これぐらいの行為は許します。
とにかく日本代表!がんばれ!!!
オリンピックまで後一年です。

2015年8月14日金曜日

ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム カウントダウン開始!

今週の日曜日の話しですが、 ツール・ド・フランス さいたまクリテリウムの公式カウントダウンページで紹介されました。ちょうど旅に出ていたので報告が遅れました。
http://saitama-criterium.jp/photo/n-00000132/?a=photo
このページでは様々な方が登場し、ツール・ド・フランスへの思いを述べる。私も選手たちにエールを送りました。
残念な事に今年はイタリア人の総合優勝にはならなかったのですが "Le Tour est le Tour"、ツールは世界一の大会です。見ない訳にいきません。
今年でツール・ド・フランスの海外公式イベント「さいたまクリテリウム」は3回目の開催になります。ジャパンカップを含め、日本の秋を熱くするイベントですので、みんなで応援しましょう。開催まで70日です!
http://saitama-criterium.jp/

2015年8月6日木曜日

褒められると嬉しいけど、やはり恥ずかしい!!!

新しいホームページ作りのため、ワードプレスとけんかしています。誰か助けて!!!と叫びたい今の頃(笑)。
そして自分自身の画像を探すために、ネットサーフィンをしていたら、自分のことが書いてある自転車ショップのブログを発見!
http://www.ysroad.net/shopnews/detail.php?bid=332338

いや!!!記事を書いている影響で批判に慣れていますが、褒められることはほとんどなく、なんだか恥ずかしい。でも励みになります。
やはり、人は適度に褒められると成長しますね。
厳しい意見もどしどしをください!

2015年7月29日水曜日

ピーター・サガン限定カラーのバイク?!

今朝、通勤の途中でまたびっくりの出会い!
ものすごいきれいなグリーン色のビッグスクーターを見つけて、思わず「ピーター・サガン限定カラーのバイク」だと確信しました。
サガン選手はグリーンが似合います。というか、グリーンと縁が深い人です。
・彼が開花したリクィガス時代のチームカラーはグリーン
・4年連続、ツール・ど・おフランスのマヨーベール(ポイント賞)を獲得!

赤信号を狙って、運転していた強面顔の青年に真相を聞いてみました。残念ながらサガン選手の存在すら知らなかったですが、バイクが褒められて赤面しました。
話しでは塗装と改造費だけで3うん万円がかかりました。
予想は見事に外れましたが、こうやって毎日面白い人に出会うと、やはり人生は楽しい!
今年もサガン選手はツール・ど・おフランス さいたまクリテリウムに来てくれるかな?楽しみです。

2015年7月28日火曜日

おしゃれは「セクシー」であること?

昨日、朝の通勤の途中で太陽のような、おしゃれな方に出会い、一日中ウキウキした気分になりました。
しかし、 夜の帰宅通勤では、とてもセクシーな人に出会い、一晩中ドキドキした気分になりました。大胆な黒のネグリジェに黒いブーツ。ヘルメットも黒!ナイスコーディネート。しかし、初めて見るこのセクシー路線サイクリングスタイル。イケテます。
さすがにセクシーすぎて「写真を撮っていい?」と聞く勇気がなく、隠れて写真を撮りってしまいました。はい、軽い盗撮です。ごめんなさい!笑
やはり、夜はまた違った人類に会いますね。
携帯画面を弄るばかりでなく、周りの人に目を向きましょう。毎日、楽しいことがあるはずです。

2015年7月27日月曜日

おしゃれは「人生を楽しむ」こと


東京に住んでしまうと、毎日、奇抜な格好の人と出会う。
みんなそれぞれのテーマに沿って、服を着飾り、クールそうに振る舞う。お世辞でも「かっこういい!!!」と言えない人が多い。

しかし、今日は本当におしゃれと言える方に出会いました。太陽のような明るい女性でした。
会社の近くに
信号待ちをしていたら、隣に並び、服のセンスといい、カラーといい、自転車の色といい、季節感といい。完ぺきでした。その上、何とも言えない楽しそうな雰囲気を放っていました。思わず、声をかけてシャッターを押しました(強烈なビンボケで)。。。汗

彼女の美しさの裏には「人生を楽しむ」というエネルギーを感じて、一日中いい気分になりました。やはり本当のおしゃれな方は、服より笑顔と人生を楽しむことですね。
幸せはどこに隠れるか、本当にわかりません。
毎日、勉強です。

2015年7月25日土曜日

日焼けはださい?

日焼け。。。
夏になると、どうしても肌が焼けて、それをきらう多くの人(特に日本の女性たち)は、日焼け止めクリームをぬりまくります。
しかし、イタリアでは小麦色をしている肌は美しいとされ、人たちはこぞって日焼けをします(もちろん、熱い時間帯を避け、日焼け止めをぬりながらゆっくりと)。

ところで、小麦色肌崇拝のイタリアでも自転車乗り特有の日焼けの跡は。。。ださい!
バカにされる事は、多々ある。
そこで、友達が 面白いことを思いつきました。
その対策はこれです↓
アームプロテクターとレッグプロテクターがあるのではないか!
人前で恥ずかしいので、自宅の庭でやりましょう。
アンドレア!最高です。

2015年7月24日金曜日

うん。。。微妙。。。


2020年のオリンピック、パラリンピックのエンブレムが公開されました。
 「昔はよかったなぁ」ということは、こんなことですね。
新しいエンブレムの色は暗いし、文字は「L」に見えるし。。。なんだか微妙。でもボランティアの「おもてなしジャージ」より少しマシ。。。
ところで、誘致を始め、東京五輪は市民不参加型で物事が進められているような気がします。



(1964年のデザインは、シンプルで美しい)

2015年7月23日木曜日

新城幸也選手のチーム。。。消滅の可能性!

昨日、イタリアから残念なニュースが飛び込んできました。
新城幸也選手が所属しているプロコンチネンタルチーム、Europe Carは、メインスポンサーが契約を解除する可能性がでてきて、すべての選手たちは職を失うことになるかもしれません。
現在、Europe Carは、ツール・ど・おフランスでがんばっているのに、大変残念なことです。選手たちはどんな気持ちで走っているのでしょう。
昔のファッサ・ボルトロアクア・エ・サポーネを思い出します。

スポンサーの存在はスポーツ界のすべてですので、私たちファンは逆にスポンサーを支えるべきです。日本には、Europe Carがないここからは何もできません。空しい。
さて、チームの行方は気になります。
最終的判断まで14日です。

2015年7月16日木曜日

ニバリがアスターナから解雇勧告???

季節外れの台風のせいでしょうか、ヨーロッパから変な噂が報道されています。
2度目で連続のツール・ド・おフランス総合優勝を目指していた昨年のチャンピオン、現イタリアナショナルチャンピオンのヴィンチェンツォ・ニバリは、実は結果が残せなくて、順位も下がる一方です。体に不調はなく、メンタル的な問題だと噂されています。
それに激怒したアスターナのチームマネージャー、ヴィノクロフ氏は、年内に解雇すると勧告したようです。
本当かどうかわかりませんが、アスターナは相当荒れているようです。困った、困った!
ニバリよ!がんばってくれ!!!

2015年7月13日月曜日

イヴァン・バッソ報告。癌発覚でツールをリタイヤ!

フランスからショッキングなニュースが飛び込んできました。
2回ジロ・ディタリアを総合優勝したイヴァン・バッソ(元リクィガス、現ティンコフ・サクソ)は、左の精巣腫瘍に侵されていることがわかり、治療に専念するためにツールを離脱。
ランス・アームストロングと同じ種類の癌です。
早期発見のようで、手術で助かるようです。
病気は身近なもので、検診をしましょう。
Forza Ivan!!! Metti tutta la tua forza nella cura!

記者会見はこちらへ↓

2015年7月10日金曜日

マヨージョーぬの呪文!


今日はツール・ド・おフランス第7ステージ。とても珍しいことが起きています。
マヨージョーぬ、リーダーのシンボル、誰もが憧れるジャージ、この歴史あるシンボルを着る権利のあるクリス・フルーム選手は、このジョージの着用を辞退しました。
なぜこんな異常な事態が起きているか。

マヨージョーぬは、本来トニー・マーティン選手が着るはずでしたが、落車による大怪我で大会をリタイヤしました。2位のフルーム選手は自動的に着用することになっていました。
フルームの公式ブログでは「マーティンとマイヨジョーぬに敬意を払い、マイヨジョーぬの着用を辞退」となっています。
しかし!
今年のツールは、不吉な事故は相次いでいます。
ファビアン・カンチェッラーラに続き、トニー・マーティン選手も大怪我。マヨージョーンを獲得した選手たちが、何らかの形で大けがしてリタイヤすることに。呪文のような運命です。

クリス・フルームは、迷信深いでしょうか。
規定ではリーダージャージ未着用の場合、罰則がないと知っているようので、今日の着用を事実上拒否しました。
二度あれば、三度ある。彼は、3人目になりたくないでしょうね。昨年の恐怖は甦ったかもしれません。
 さて、ツール観戦に戻りましょう。

バカンス!バカンス!バカンス!


バカンス。。。
日本人とヨーロッパ人では、ニュアンスは少し違います。
日本だと、時間が少ないため、人々が忙しく場所から場所へ移動しますが、ヨーロッパだと、比較的に時間が取れるので、人々が滞在型バカンスを楽しみます。
一つの場所で、あまり移動しないで2~3週間を滞在します。文字通りのバカンスです。休養です。
えええ!2週間???ずっと同じ場所?何をするの?暇すぎ!!!
と首をかしげる人もいるだろうと思いますが、時間の自然な流れに身を任せることは決して悪くないのです。沖縄時間を連想してほしいです。慌てない、慌てない・・・
イタリアでは、これを可能にするホテルや、別荘、レンタルアパートなど、宿泊施設が多い。

ということで、今日の人気コラム「つれづれイタリア~ノ」のお話は、自転車でバカンスです!
日本に住んでしまうと、この感覚は忘れてしまいそうです。
リンクはこちら↓
http://cyclist.sanspo.com/193198



Roadbike Dream Meraner Land - Südtirol / Merano - Alto Adige
from Bikehotels Südtirol.


ああ、すぐにでも行きたい!!!

2015年7月9日木曜日

世界遺産はまた消滅!

タリバン政権は、バーミアン渓谷の古代遺跡を爆破しました。
ISISもイラン、イラクで様々な遺産を破壊し続けています。
昨日地元で竜巻は発生し、18世紀の世界遺産級の別荘群を消滅しました。シンプルで美しいだけであって、悲しい。
ブレンタ側のソバにあり、イタリアの指定重要文化財として登録されていました。昔の建物は、もろい物です。自然が牙を剥いたら、一瞬で人間が作ったものを破壊します。







 ところで!
人間も何をするのか、わかりません。
建設の是非で揺れている東京オリンピック委員会ですが、このみっともない形の新国立競技場を本当に作るのか。

7日の会議では、総工費の内訳や2520億円に膨らんだ経緯についてJSCが詳細な説明をする予定。現行計画は安藤氏が審査委員長を務めた審査委員会が最 優秀に選んだ英国の建築家ザハ・ハディド氏のデザインが基になっている。安藤氏の事務所は6日、取材に対し、「予定を把握していない」と答えた。 

このデザインを決めた選考委員会は、自腹で建設費に必要な3000億円を出して、作るべきだと思います。 僕の税金を使ってほしくない!この国の膨大な財政赤字に十分に吸われています。