2020年3月29日日曜日

自転車に乗るか、乗らないかそれが問題です!


日本でも少しずつ新型コロナウィルスの感染者が増え、人と人との適切な距離が問われています。
イタリア、スペイン、フランスでは例を見ない外出禁止令が出ています。新規感染者を減らし、重症化しやすい患者さんに病院のベッド数を確保するためです。ただ、市民生活は止まっているわけではなく、仕事にも行けますし、スーパー、薬局も通常通り営業しています。品物も豊富で、棚が空になるところはないと実家からも聞いています。
バスも電車も動いていますし、車、スクーターでの移動も可能です。
ただ、自転車での移動に関しては、ヨーロッパの足並みは揃っているわけではありません。推奨する国もあれば、禁止する国があります。使用は禁止ではありませんが、国民感情は許さない場合もあります。様々です。答えがない。
さて、ヨロッパにおける移動手段としての自転車の立ち位置をまとめてみました。ご参考をください。

https://cyclist.sanspo.com/518220

真面目な記事が続いていますが、次はもっと軽い記事にするか。。。

2020年3月27日金曜日

うまいリゾットを作ろう♪


私はシェフではありませんので、おいしい物を食べたい時にレストランへ行きます。特に旅をすると、新しい味に出会えるので、旅行することが大好きです。
自分で知らない料理に挑戦したい時にYoutubeを参考にします。
先週、おいしいホワイトアスパラガスをいただきましたが、日本でも買えるグリーンアスパラガスを手に入れたら、このようなレシピを作りたいと思います。

グリーンアスパラガスリゾット!

Youtubeでイタリアの著名なシェフ、ブルーノ・バルビエーリ(ミシュランガイドで高評価のシェフ)のビデオを見つけました。どこでも買える素材で、超うまそうなリゾットを作っています。現在、義務的自宅待機下のイタリアで料理をする人が増え、このようなビデオは人気を集めています。
彼の人柄と喋り方が面白く、イタリア語がわからなくても作り方はわかるかと思います。

個人的にリゾットは大の苦手で、うまく作れません。やはり、うまいリゾットが出せるレストランはいいレストランだと思います。
今回は自宅で挑戦してみます。失敗したら、またレストランへ駆け込みます。




2020年3月26日木曜日

子供だった大人たちへ


イタリアで自宅待機が実施されている影響で、新型武漢肺炎の感染者は減り続けています。ピークが越えている見込みです。
そこで、家に閉じこもっている人たちはどのように時間を潰しているか。
ホームワークをしたり、ゲームにぼっとしたり、インドアトレーニングをやったり、急にパン職人に目指したり、勉強をしたり、バルコニーに出て歌ったり。。。様々です。

どうしても飽きてしまった人のために、イタリアの大手新聞、ラ・レプッブリカは粋な企画を提案し、話題を集めています。
クラシックカーを作ってペーパークラフトで遊ぼう!というものです。
専用ページ(ここ)をクリックすると、世界の名車が出てきて、印刷さえすれば車が作れます。メーカーが豊富で日本のホンダも登場!ざっと並ぶとこうなります。

  • Abarth
  • Alfa Romeo
  • Austin
  • Citroen
  • Ferrari
  • Fiat
  • Ford
  • Honda
  • Iso Rivolta
  • Lancia 
  • Mercedes
  • などなど

たまらないラインアップです!!!

実はペーパークラフトは大好きです。
小さい頃はあまりお金がなく、テレビで見た好きなアニメの風景やロボットをペーパークラフトと粘土で再現し、兄弟でよく遊んでいました。
さて、今週末は雨模様のようで思い切って遊ぼう!イタリア語がわからなくてもダウンロードできます。
その前に綺麗な厚紙でも買おう!
この本もたまらなく好き!
↓ ↓ ↓



2020年3月19日木曜日

青春を(自転車で)旅して




青春を旅して♪
巡り会えた微笑み♪
優しさ閃いている♪
「旅っていろんな人に会えるから楽しい」

これは1983年ポッキーのCMの歌詞とセリフ。シンプルで直接に心に語りかけます。歌うのが、誰も知っているあの国民的なアイドル、松田聖子。

勉強のため自転車に関する昔のCMを調べていたら、YoutubeでたまたまグリコのCMがヒットし、自転車がよく登場すると気づきました。当時のCM担当は自転車好きだったのかな?特に青春をテーマにした作品には、自転車が欠かせないアイテムだったようです。
この下に「京都CM撮影の裏舞台」が興味深い。自転車集団が出てきます。ファッションスタイルが懐かしい!




同じグリコですが、このCMもありました。田原俊彦と松田聖子は自転車に乗るシーンがあります。


さらに「松田聖子」+「自転車」を検索したら、奇妙のビデオが出てきました。おそらくザ・ベストテンのワンシーン。演出の意思は不明ですが、やはり1980年代を青春を体験した若者には自転車の旅が付き物だったようです。
日本は面白い!


2020年3月18日水曜日

イベントへのお誘い


レースの中止が相次いでいますが、みなさんはサイクリングを楽しんでいるかと思います。
近くづく春を迎えるため、カペルミュールココチ店は、ライトなサイクリングイベントを開催します。埼玉県、交通量の少ない道路を走り、咲き乱れる越生梅林の美しい花を見に行こうというコンセプトです(桜ももう咲いているかもしれません)。私も参加します。
小人数ぜひ一緒に走りましょう。
まだお申し込み可能です。
▼詳細・お申し込みはこちら
開催日程:2020年3月20日(金)
集合場所:ファミリーマート さいたま田島9丁目店(リンク
予定ルーロ:https://yahoo.jp/sppbHz
難易度:★
走行距離:100km
獲得標高:250m
服装:KAPELMUUR(または Lion de Kapelmuur)
自転車:自由
ペース:25km/h前後


2020年3月16日月曜日

いずれかは、トラブルは武勇伝になる!

自転車乗りは面白い。
トラブルがあればあるほど、自慢したがります。私もそうです。なぜでしょう。
サイクリストサンスポが連載している人気シリーズ『食い込み!サドルトーク』では次のテーマは掲載されました。
あなたが自転車に乗っていて一番困ったトラブルは? 
小さなトラブルなら、空に輝く星の数ほどありますが、大きなトラブルはまだ少ないです。一番印象に残っているのが、左クランクの破損(いや!)脱落です!
そうそう。練習の最中に左クランクがいきなり破損してしまいました。かなり珍しいトラブルです。上の写真はその時に撮ったものです。

なぜか大きなトラブルは武勇伝になるかを考えてみました。

まずは命に関わるものではなりません。そして、物珍しさです。クランクの破損自体は滅多に起こらないトラブルです。しかし、一番重要なポイントはトラブル後の行動!解決方法は面白かったりします。私の場合は、片足で15km以上の道のりを右足の力だけで走り抜くことでした。死ぬほど疲れましたが、やってみるものですね。

他の方のトラブルも面白い(?)のでぜひ読んでください。そしてたくさんのトラブルに出会い、たくさんの解決方法を考えましょう。
https://cyclist.sanspo.com/516689

2020年3月14日土曜日

自転車ビンテージ雑誌をプレゼント!

ビンテージやクロモリ自転車ファンの皆様へ、
エロイカ大会の公認雑誌「Biciclette d'Epoca(ビチクテッレ・デポカ)」を発行するSprea出版社から皆さまへのプレゼントがあります。

「Biciclette d'Epoca」一冊分(デジタル版)を無料でダウンロードいただけます。 今回ダウンロードできるのが40号です。昨年、亡くなった偉大なるチャンピオン、フェリーチェ・ジモンディの特集のほか、クレメン自転車やウンベルト・デイ自転車など、歴史ある多くの自転車の詳細な説明が掲載されています。

全編はイタリア語ですが、通訳ツールを使うなり、目を通してください。勉強になります。
 【ダウンロード方法】
(1)https://sprea.it/bicipromoにアクセスする
(2)登録またはログインをする
(3)「bicipromo」コードを入力する
(4)タブレット、または携帯にダウンロードを行う

それでは、素敵な自転車ライフをお楽しみください。
ここにアクセスしてください。


2020年3月13日金曜日

2020 ジロ・ディタリアの延期決定!

すでにご存知の方が多いと思いますが、先ほど、ジロ・ディタリアの延期が正式に発表されました
ヨーロッパで感染拡大を続ける新型コロナウイルスを懸念に、イタリア政府を含め、ベルギー政府、フランス政府、オランダ政府、ハンガリー政府などは非常事態を宣言しました。
これにより、ヨーロッパで大規模なイベントの開催が禁止され、国際的なイベントの開催が不可能になりました。 結果として、ジロ・ディタリアを担当するハンガリー国内の組織委員会は、ジロ・ディタリアの開始は当初予定された5月9〜11日に開催できないと宣言。
ジロを主催するRCS Sportは、国際および国内の状況に留意して、2020年のジロ・ディタリアの日付が延期されることを発表。 新しい日程はイタリア国内で続いている移動制限が解除される4月3日以降になる見込み。
今年はスポーツは大きな打撃を受けていますが、中止ではなく延期です。
総合優勝を狙う選手たちにとって調整は難しいと思いますが、この試練を乗り越える選手にエールを送りましょう。

詳細はこちらへ

2020年3月7日土曜日

お薦めの自転車映画とは?


サイクリストサンスポで面白い企画が次から次へ上がっています。
その一つは「食い込み!サイクリスト」です。様々なテーマに対し、サイクリストたちの貴重な意見が上がり、勉強になります。
今回のテーマは「お薦めの自転車映画」!

自転車映画は割と痛い作品が多い。撮影が下手だったり、オーバーリアクションだったり、時代設定と自転車は合わなかったりとか、駄作は多い事、多い事。
今回、私も感動した映画について話しました。
(1)日本のアニメの名作『茄子 渡り鳥のスーツケース
(2)イタリア映画の名作『イル・ポスティーノ

ぜひ皆さんの意見を読んでください。参考になります。
https://cyclist.sanspo.com/515540

2020年2月22日土曜日

アペロールは病気に効く?

世の中は新型コロナウイルスは猛威を振るいはじめ、もう対岸の火事でなくなりました。
元気な体の持ち主が感染しても症状が軽いようで、疾患のある人だと重症化しやすい。厄介のがその強い感染力だ。一気に病院はいっぱいになるからです。
(信頼できない)WHOの話によると、まめな手洗いとアルコール消毒が効くそうです。花粉症用のマスクは。。。ほとんど効果なし。

せっかくアルコールの話が出たので、面白い話をしましょう。大好きでスプリッツに欠かせないリキュール、Aperol(アペロール)についてです。
かつて、このリキュールはなんと!インフルエンザに効く特効薬として販売されていたようです。その証拠はこれです!

1951年のイタリアの大衆紙で掲載された広告のようです。一部は欠けていますがこう書かれています。

(全文) 
Signora! Ora che la bella stagione veste la nostra amata penisola di calore e luce non è certo tempo d’abbassare la guardia: faccia tosto scorta dell'”Aperol”, la buona bevanda tonificante che previene le cause dell’influenza e rinvigorisce il convalescente… perché: a base di china, rabarbaro e genziana, accresce la resistenza e regola la secrezione biliare. 
L'”Aperol”, essendo poco alcolico può essere preso anche dai bambini.
(訳) 
奥様 暖かい季節が私たちの愛する情熱と光のイタリア半島を包むようになったけれども、油断する訳には行きません。「アペロール」の在庫を増やしましょう。 「アペロール」は、インフルエンザを予防し、患者を元気にする爽快な飲み物です。「アペロール」は、キナの木、ルバーブ、リンドウから作られています。 「アペロール」は体の抵抗力を高め、胆汁分泌を調節します。アルコールが少ない「アペロール」は、子供にも摂取できます。無料でサンプルとパンフレットをお取り寄せください。

昔の広告は面白いですね。時代の変化がわかる貴重な資料です。
アルコール度数11度のリキュールを子供に飲ませても平気な時代があったのですね(笑)。
実は個人的にさほど驚きません。ヨーロッパでは昔からアルコールの入った飲み物は万病に効く特効薬とされています。各地の修道士たちは、様々なハーブのエキスをアルコールに溶かせ、薬として売っていました。立派な収入源でした。一方、値段の安かったワインは一般人の飲み物でした。

さて、ストックしている「アペロール」でも飲んで、体調を整えるとするか。

2020年2月16日日曜日

イタリア野菜が好きな方へ!嬉しい発見です!

鹿児島で名店のイタリア料理「Il Cipresso(イルチプレッソ)」を営んでいるレーサー兼トライアスリート兼シェフの友達のおかげでおいしい農家を発見しました。

私だけでなく、多くの人が経験していることがあると思います。
日本で食べるイタリア料理はおいしいけど。。。「あれ?何かが違う」。
そしてイタリアで食べる和食もおいしいけど味が微妙に違う。なぜかなと考えました。
おそらく原因は日照時間、水、土と気候の違い。
イタリアはミネラルが多く、雨量が少ないので野菜の味が野生的。
日本は雨量が多く、野菜は繊細な味です(最近、甘みが非常に増しているような気がします)。やはり日本とイタリアは遠い国です。

様々な地域へ行くと、道の駅で野菜を買いまくります(単純に好きだから)。形に騙されない。ワイルドさで選びます。どれも美味しいけど、時にイタリア料理にふさわしい野菜を見つけることができます。わかったのが、海の近くの畑(関東でいうと鎌倉)、そして南日本(九州、沖縄)の野菜たちがワイルドで実家の畑で取れる野菜、慣れ親しんだ味に近い。例えば、沖縄の島にんにくは、アリオ・オリオ・ペペロンチーノに最高。
そして鹿児島無農薬野菜はスープ、パスタ、サラダに最適。
先日、鹿児島から送られた野菜の味はとにかくおいしかった。
農家の名前はMHS Organic Farm (link)

ルッコラ、パーセリ、チーマデイラーパ(オレッキエッテに必須アイテム)、フィノッキオ(フェンネル)、カヴォロ・ネロなどなど。
イタリア人の誰もが欲しがる野菜ばかりです。
興味のある人は問い合わせしてみてください。そして最寄りの農家にも聞いてみてください(いうまでもなく自産自消はベストです)。
その前にMHS Organic Farm (link)のおいしい野菜を試してみてください。

鹿児島のIl Cipressoのアスリートシェフ(Keiichiro)とその素敵な奥さん(Yoshie)。二人ともイタリア語達者すぎて脱帽です。

2020年2月7日金曜日

さ〜、イタリアへ行こう!

日本人向けに夢のようなサイクリングプランのお申し込みはまもなく開始されます。
6月22日〜29日にイタリアの二つの名峠(ガヴィア峠とモルティローロ峠)と本場のグランフォンドを楽しむ企画です。

6月末はイタリアのサイクリングのベストシーズンです。雨がほとんど降らず、初夏の暖かさが楽しめます。3000m級の山々ではうっすらと残雪があります。この過ごしやすい気候の中でアルプスの名峠をサイクリングし、時差と足を慣らしてから、本場の市民レース(グランフォンド ガヴィア 〜 モルティローロ)に参加し、本場イタリアで自転車との付き合いを存分に楽しみます。
ゲストとして日本との深い関わりを持ち、22歳の若さでジロ・ディタリアを制覇したイタリアチャンピオン、ダミアノ ・クネゴも参加します。

企画案は、実績のあるイタリアの有名な旅行代理店、Bike Divisionです。代表はアンドレア・トンティ氏。Saeco、Lampre、Acqua e Sapone、クィックステップに所属し、イタリアナショナルチームにも参戦。ホテルやレストランでロードレースのあれこれや裏話が聞ける滅多にない機会です。参加枠が小さいのでお早めにご検討をください。
お申し込み開始は2月11日(月)です。

>>詳細はこちらへ


2020年2月3日月曜日

時代が変わっても自転車が楽しい!!!


ネットサーフィングすれば、このようなすごいビデオを見つけました。
日本語名「だるま自転車」。イタリア語名「ビチクロ」。
自転車歴が短く、チェーンのない時代にスピードを求めるため1870年代にフランスで生まれ1990年に入ると、もう過去の化石。寿命が短い割にその滑稽でユニークな姿は自転車の名詞になってしまいました。イタリアでまだ使用するツワモノがいます!
時代が変わっても自転車が面白い!
ビデオをお楽しみください。
https://www.youtube.com/watch?v=uyqDOra2T3I

2020年1月30日木曜日

今年も辛口チェック!


出ました!遂に出ました!毎年賛否両論、多くの論争を起こしている記事です。
今年も「ジャージの辛口ファッションチェック」が出ました!!!

最近のトレンドとして、どのチームも色へ減らしている傾向にあります。スポンサーのロゴの数も減っています。黒も多いです。
かつてはもっとカラフルで、ごちゃごちゃで、究極の形はMAPEIのジャージだと言っても過言ではありません。


やはり1990年代のジャージはアグレッシーブ!
1990年代はもちろん、実験的で痛いジャージもたくさんありました。例えばこれ。




フランスのCastoramaチーム(1990−1995)のジャージは痛すぎて、世界の負遺産に登録したいぐらいです。

さて、フランスといえば、このチーム :DELKO NIPPO!
ワールドツアーチームではないので、チェックから外れましたが、なかなか面白い。
何に見えるかというと、これです。










ジャン・ポール・ゴティエの香水です。
さすが、おフランス!

さて、辛口チェックはここにありますので、ぜひ最後まで読んでください。そしてドシドシコメントをください!!!笑

https://cyclist.sanspo.com/510657

2020年1月29日水曜日

まもなく毎年の問題作が公開されます!

今年もやっちゃいました!
ワールドチーム2020の辛口ファッションチェック!!!
間も無くCyclist Sanspoで公開されます。
毎年、賛否両論を起こしてしまうコラムですが、ちゃんと真面目に書いています。
一応、自分なりに厳しいルールを設けています。
1. 忖度をしないこと
2. 分析をきちんと行うこと

さて、今年はどんな論争を起こすか、楽しみです。
好きなジャージと嫌いな(?)ジャージを教えてください。

ヴィンテージ、エロイカ ファンにとって、最高の雑誌が出ます!


1月31日にVINTAGE LIFE最新号が出ます!その内容が濃い!

・GOODWOOD REVIVAL MEETING 2019
 古き良きを再現する究極のヒストリックカーイベント
・L'Eroica
 世界に羽ばたくヴィンテージバイクシル旋風!

・HASSEL BLAD 50 YEARS ON THE MOON
 人類の偉業を記録した宇宙専用カメラ
・PEBBLE BEACH CONCOURS d'ELEGANCE
 世界で最も華やかなコンクール
・プライベートアイズで探すヴィンテージOMEGAクロノグラフ
・Jack Ludlam
 労働を写すフォトグラファー
・CHANTILLY ARTS & ELEGANCE
 芸術作品としてのクラシックカーイベント
・Festival of SIDEWAY TROPHY
 最高のクラシック・クラブマン・レース
・ヴィンテージライフな住まいを実現するTDFの住宅
・台湾・台中VINTAGE HUNT
 懐かしい日本の風景も楽しめる台中の魅力
・ROLEX MONTEREY MOTORSPORTS REUNION
 IMISAが復活したサーキット
・新品でエイジング、ヴィンテージテイストが楽しめるFILSONのギア
・ケアーズで探す、お勧めヴィンテージウォッチ、ナインナップ
・Lindsey DaviS
 クラシックな暮らしを楽しむ女性ハンター
・Festival of SIDEWAY TROPHY バイク編
 ヴィンテージバイクがサーキットで激走
・ライカと旅するスペイン
 プルゴスなど郊外で楽しむスパニッシュヴィンテージ
・Citoroen La Ferte-Vidame Celebration Centenaire
 シトロエン100周年の祭典
・フランスライカのオフィシャルフォトグラファー、櫻井朋成さんのライフスタイル
・Eroica Japan
 伝説の峰で自転車の新しい頂点へ

・Sir Malcolm Campbell
 20世紀に現れたスピードの騎士
・VINTAGE GARAGES
 パリで探したクルマ好きのガレージオーナーたち
・Smith
 ヴィンテージウォッチの魅力

この雑誌が海外でも人気で、日本語がわからなくても写真だけで美しい!!!
ぜひ手に取ってください!!!
私も早くみたいです!!!
オンライン購入はここ:VINTAGE LIFE最新号

2020年1月22日水曜日

自転車の楽しさって何ですか?

Cyclist Sanspoで突然、このような痛快な質問が掲載されした。
自転車の楽しさって何ですか?
大好きなテーマです。
自転車は苦しい乗り物でありながら、生きるための楽しさを教えてくれています。なぜでしょうかと考えてみました。何もかも自動化している中で唯一、メカニックで動物的なもの。そして初めて補助輪を外した時の達成感とみるみるうちに伸びる距離。自立への道が開かれた!とわかった時に味わった快感。
この絡み合う気持ちを忘れずに育ってきました。
みなさんのコメントを楽しみにしています。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
https://cyclist.sanspo.com/508928

2020年1月8日水曜日

初夢プレゼント2020!応募しないと、夢が消えます♪


毎年Cyclist Sanspoは初夢プレゼントを実施しています。今回初めて私もオリジナルグッズを提供いました。
人気サイクリングイベントFERRO Mari e Montiの公式キャップとサコッシュのセットを3名様に当たります!他の企業も素敵な景品を出していますので、応募してみてください。
応募締め切りは10日(金)17時までです。

>>>応募はこちらへ<<<

2019年12月16日月曜日

少し遅いクリスマスプレゼント♪

毎年、私のコラムを掲載してくれるサイクリストサンスポが読者の皆様のご愛読に感謝し、2020年の元日から応募できるプレゼントキャンペーンを実施します。
応募者の中から抽選で選りすぐりの賞品が当たります。私も今年初めて参加します。FERRO Mari e Montiのオリジナルキャップとサコッシュを3名様に贈ります。
https://cyclist.sanspo.com/503431


私の他、たくさんの賞品は大晦日まで毎日記事で紹介されます。応募方法は2020年1月1日の朝にご案内されます。お正月まで、応募する賞品をじ〜っくり選んでください。
商品の一覧はこちらです。
>>初夢一覧(Cyclist)へ

2019年12月7日土曜日

心との戦い!


珍しくCyclist Sanspoで連載中の人気コラム「つれつれイタリア〜ノ」にて自分のことを記事にしました。
少し前の話ですが、9月に「サイクルジャーナリスト世界選手権」というユニークな大会に出ました。世界中で自転車競技を専門に扱う記者の選手権です。遊びではなく、ガチな大会です!
場所は世界遺産となったばかりのコネリアーノとヴァルドッビアデネのプロセッコの丘陵地、イタリアのワインの聖地の一つですです。
なぜ心との戦いになったかと言いますと、3の種目のうち、最終日に行われたラインレースのエイドステーションの全てにプロセッコワインが振舞われていました。
飲まないように、飲まないようにがんばりました!でも最後は。。。
飲んじゃいました!ごめんなさい!
日本もこのような大会の開催を希望します。記者のみなさん!参加しましょう!!!
コラムはこちらへ。
https://cyclist.sanspo.com/502428

追伸:
プロセッコは気軽に飲めるスパクリングワインです。ぜひ最寄りのワイナリー、またはオンライショップで買ってみて、試してみてください。クリスマスシーズンにいいですよ。

(←1,500円ちょっとです)
>>購入はこちらへ<<

このセット(↓)も安いです。
(6本で5,000円もしません。)
>>購入はとちらへ<<