2019年10月25日金曜日

なぜ頭のいい人は、バカなことをするのか。。。

「Why smart people do stupid things(なぜ頭のいい人は、バカなことをするのか)」。。。

BREXITの行方が気になってBBCのウエブサイトを開いたら、このようなビデオの見出しを見てドキッとしました。自分自身が頭がいい訳ではなく、バカなことがしたくなるからです。その理由は簡単。
そこで「バカなこと」とは何でしょうかと、考えてみました。
「バカなこと」とは、他人から見て「意味不明で、利益も伴わない、社会性の乏しい行動」だと思います。
私の大好きな自転車、いや、スポーツや学習もそう言えます。
東京から富士山五合目までの往復(役280km)を1日でやること、ガチなグランフォンドや耐久レースに出ること、トレイルラン、東京マラソンや100kmのウルトラマラソンに出ること、ピアノを習うこと、イタリア語やタイ語教室に通うことなどなど。。。
このような行動はどんな意味があるのか。
お金と時間がかかる上で、トレーニングや学習には途轍もない努力、労力と忍耐が必要。

何かに打ち込むこと、夢中になることによって、様々なメリットがあります。
1)変なことができなくなる(=体が疲れるから)
2)企画的に準備しなくてはならない(=お金がなくなるから)
3)精神的な満足を得る(=達成感が生まれるから)
4)大会の日に同じ仲間に会う(=大会会場は交流の場となるから)
5)素朴な食事もおいしく感じる(=個人差があります、笑)

結局、無駄なことをすることで人生は豊かなになります。
みなさん、ほどほどにバカでいよう!!!


2019年10月23日水曜日

心も体もの温まるワイン。。。


急に寒くなったので、モーフを膝にかけながら溜まっているビデオを見直しています。
夥しい数です。
この時はコーヒーもおいしいですが、せっかく美味しいチーズをもらったので久しぶりにお気に入りのワインを一本開けました。
サイクリングチームNIPPO Vini Fantini Faizaneのスポンサーの一つであるヴィ二・ファンティーニの赤ワイン、GIROです。その理由は簡単。今年のジロ・ディタリアを見直しているからです。忙しくて、なかなかじっくりと見られませんでした。
少しもったいないですが、たまにワインが飲みたくなります。
あ!誤解しないでください。
明日は仕事がありますので酔っ払うつもりはありません。基本的にイタリア人は一人で一本を空けることは滅多にないです。
ワインは家族や友達と一緒に楽しむもので、一人で飲んだ場合、ちびちびと飲みます。頑張ってもガラス2杯。残りは翌日に取っておきます。

 
さて、今日は1ステージぐらい見終わろう!
良いワインを!

2019年10月22日火曜日

迷走するオリンピック、迷走する迷彩柄。。。

来年に行われる東京オリンピック。問題だらけのようです。
まずは自転車競技ファンからしますと、かなり不満。
スタート:調布→ゴール:フジスピードウエーという不思議なコース設定。行きにくい、帰りにくい。東京を掠った感じで、観戦禁止エリアも多い。どこで応援すればいいのかよ!!!私を含め迷う人は多い。

マラソンと競歩に関しては、なんと!札幌開催という案も浮上しています。確かに都内の渋滞緩和につながるかもしれませんが、「東京」というネーミングはどうなるものか。

そして今日は、サッカー日本代表が使用するユニホームが発表され、初めて迷彩風のデザインが採用されるそうです。
個人的に迷彩柄が大好きです。男っぽく、格好いい。Tシャツ、靴下、キャップ、パンツまで持っています(見せられないパンツも含む♪)。でも今回のユニフォームはなかなかダサく感じます。
インターネットのコメントをみてみると、面白いツッコミ満載!例えば。。。

---------------------------------------------------------------------------------------
 ste***** | 13時間前
目がチカチカする…。代表ユニはシンプルなブルーが一番格好いいと思うんだけどな 

 new***** | 13時間前
なぜ日本のユニフォームはころころデザイン変更されて、且つ他の競技間での統一性がないのだろうか?
分かりやすい例としては、アルゼンチンならば、どの競技でも国旗を連想させる水色と白のストライプである。また他にも見ただけで分かる国が多い、競技を問わずに。
日本も見ただけで日本とわかる様な統一ユニフォームを作る方が良いと思う。 

 k***** | 13時間前
自国開催でこれでいいのかな?
こういうのも悪くはないと思うけど
南米選手権とか東アジア選手権ならいいけど
東京五輪はちゃんとしてほしい 

---------------------------------------------------------------------------------------
まぁ、「東アジア選手権ならいいけど」という発言はどうかと思いますが、なぜが微妙に感じるのか、ある有名な自転車チームのジャージを例にして考えてみました。

2015年にTINKOFF Saxobankという強豪チームは自転車競技では珍しい迷彩柄のジャージを採用。デザインはこれです。
蛍光色がなければ、買いたかったジャージの一つです!
なぜこのジャージがよくて、サッカー日本代表が使用するユニホームはあまり好まれないのか。原因は色のバランスにあります。
TINKOFF Saxo Bankの場合、迷彩柄のトーンは控えめで、それほど激しくない。グリーン一色。一方、サッカー日本代表のジャージは、濃淡のコントラストが強すぎて絵で見る限りでは、ロゴのカラスも消えてしまう強烈です。昨年の宇都宮BLITZENのケチャップジャージに似ています。
実際はイラストと実物に隔たりが大きいので、実物を見ればたぶんもっと格好いいだろう。このジャージを作った日本ADIDASと採用した日本サッカー連盟(?)が話題作りに成功。
ラグビー日本代表のユニフォームはよっぽど格好いいです。

余談ですが、フランスに2011年から2017年までARMEE DE TERREというチームがありました。フランス陸軍がスポンサーだけあって、ジャージは強烈!でもまだマシ!


さ、せっかく応援したいのに、このオリンピックはどこに向かっているのだろう。。。


追伸:
宇都宮BLITZENのケチャップジャージはこれです↓

BLITZENファン、ごめんなさい(てへぺろ)

2019年10月18日金曜日

南房総を支える缶バッジ


全国的に支援金が必要中で、11月9〜10日に開催されるサイクリングイベント、FERRO Mari e Montiでは寄付付き缶バッジが販売されます。
販売価格:500円(ペアセット)+気持ち(1円でも気持ちです)  

人生で初めてチャリティー缶バッジを作りましたが、イベントに参加する方の提案がなければ実現しませんでした。やはり私の周りは素晴らしい人ばかりで、頭が下がります。

集まった寄付金全額は地元の文化を支える公益財団法人 鋸山(のこぎりやま)美術館を通して、被災地で活動する団体に役立てていただきます。
小さなことですが、みなさんで力を合わせれば大きな力になると信じています。
さ〜、房総へ行こう!
そして復興過程が許す限り、他の被災地も支えよう。

2019年10月16日水曜日

遊びに行くなんて!けしからん!

今日、FERRO Mari e Monti 2019はサイクルサンスポに登場しました。 嬉しい限りです。古き良き時代の自転車に乗って、消えてゆく田園風景を走り抜こうというのがテーマです。
しかしながら。。。

多くの災害は続いてる中、遊びに行くなんて!どんな神経をしているのか
という声が聞こえてきます。
実はこの声を2011年に耳にしました。

2011年3月11日、東日本を襲った大津波が多くの尊い命を奪い、原発事故も発生し今も地元に帰られない人がたくさんいます。
その時に日本中はある種の自粛ムードに包まれ、遊びにくことは「けしからん!」「非道」という考え方は浸透していました。
しかし、私は「復興」について考えました。

仕事の関係で支援金を送ること以外は現地に出向いてボランティア活動することができません。電気を消すこと以外はできることが極めて少ない。スーパーでいつ納豆とヨーグルトは戻ってくるかを待ちながら、東京でじっとしていました。
しかし、被災を受けていない地域もたくさんあるわけです。観光客がなければ経済的に大きな打撃を受けます。東京でお金を使わない生活を送るよりも東京を出て、地方でお金を使えばいいと考えました。
私はその時に石垣島で行われたトライアスロン大会をキャンセルしないで参加することを決めました。少ないお金ですが、現地で宿泊し、現地の物を買い、消費税を払うことで、地域や国の財政を支え、間接的に復興につながると考えました。

やはり近い人から色々言われましたよ。
「なんでこんな時に遊びに行くの?ばかじゃない?」

確かに私はバカかもしれません。
でも復興にはお金が必要です。「祈ること」「エールを送ること」が無意味です。この時に実行と行動のみです。だから今年は自治体といつも手伝ってくれているボランティアや地元の方と話し合い、FERRO Mari e Montiの開催をすることを決めました。
千葉県南房総だけでなく、復興過程が許す限り、被災した他の地域へも行きましょう。これが一番の復興だと確信しています。

長文で失礼しました。

FERRO Mari e Montiの記事はこちらです

2019年10月8日火曜日

Lampreファンならたまらない超面白い緊急企画!!!


今シーズンをもって引退するマヌエーレ・モーリ選手と、チームメイトのディエゴ・ウリッシ選手、そしてランプレ時代のチームメイトだったダミアーノ・クネゴ氏をお迎えして、チーム・ランプレ時代のあれこれや、今だから話せるウラ話まで聴いちゃおう!というランプレ ファンにはたまらないパーティーです。
ドレスコードあります!
必ずランプレ歴代ジャージ、Tシャツまたはランプレ関連カラーをご着用ください。
横断幕、懐かしいグッズ、思い出深いグッズもご持参ください。披露しましょう。
30名様限定ですのでお申込みはお早めに! 10/14 〆切です。

日時: 10/19(土) 20時より
場所: 宇都宮中心街の某レストラン
会費: 6,000円(お振り込みいただいた段階でお申込み完了となります。)

お申込みはこちらまで。
mayuscola@jcom.home.ne.jpまたはこちらへ
「ランプレ同窓会パーティー」参加希望と明記の上、お名前、参加人数、当日連絡できるメールアドレスお書き添えください。
折り返し詳細をお送りさせていただきます。

ランプレ同窓会パーティー 実行委員会
山口まゆみ/ファヴァロ ・マルコ


https://www.ciclistaingiappone.jp/cycling-events/191019manuelemori-lampreparty/

2019年9月2日月曜日

成長するイベントが好き!


昨日、群馬県嬬恋村で市民レーサー向けの大会「嬬恋キャベツヒルクライム」が行われました。UCIプロチコンチームNIPPO Vini Fantini Faizane'の選手たちも参加し、すごくいいイベントでした。

いつもこの大会にまつわる面白い(?)できごとがあります。
イタリアの友達に「Ho partecipato alla scalata del cavolo(キャベツヒルクライムに参加したよ)」と告げたら、クスクスと笑ってしまいます。なぜかというと「”クソ”ヒルクライムに参加したよ」に聞こえるからです。
外国のあるあるですが、イタリアでは「キャベツ(カーヴォロ)」)とは、様々な意味合いを持っています。

(1)Cavolo!!! (カーヴォロ!)
あらま!ああ、そうなの!!:相手の話を聞いて、驚いた時に使います。
(2)Che cavolo!!(ケ・カーヴォロ!!)
バカかよ!:相手の話を信じない時に使います。
(3)Che ○○○ del cavolo!!! (ケ・○○○・デル・カーヴォロ!!!)
大体の意味は「なんというクソ○○○なんだよ!」
例分:
Che ristorante del cavolo!:なんというクソレストランだ!
Che tempo del cavolo!:なんというクソ天気だ!
Che idea del cavolo!:なんという馬鹿げた考えだ!

というわけでイタリアの友達がいつも笑います。
ただ、面白いことに大会景品を見せると、みんなが妙に欲しがります。受けを狙いたいのが確かですが、そのクォリティーと遊び心にみんなが惹かれます。
人間の心理って、不思議です。

さて、本題に戻りましょう。
このこのヒルクライム大会は4年前からスタートしましたが、年々人気が出ています。少しずつ成長しているからだと思います。
多くのサイクリングイベントに参加していますが、最初から「ドーン!!!」と、でかい花火を放つ高いほど、少しずつ萎んできます。大体マンネリ化して、最初の面白みが薄れてゆきます。逆に少しずつ変化しているイベントは楽しいです。
10%でも変われば、「変わった!」だとか、「これが新しい!」とか、「昨年と違う」だとか。小さな変化はイベントを豊かにします。
まだ短いですが、このイベントのリポートを書きました。また「ど〜〜ん!」でかく書きますよ。
https://cyclist.sanspo.com/488389

追伸
来年、みんなで参加しましょう!!!

2019年8月31日土曜日

かわいい子と出会いたければ、大都会をでましょう♪


このかわいい野菜とスーパーではなかなか出会えない。
このピーマン(?)は先週参加した新潟県のツールど妻有のスタートゴールで買いました。袋を開けたら、一目惚れしました。
東京を出るとコピペみたいお菓子ではなく、道の駅や農家の前で売っている農産物を買います。
スーパーの野菜売り場は嫌いではないですが、企画に合った野菜ばかりでなんだかワクワク感がない。野菜や果物にも個性があり、たまに変わった子似合うと、上がります。
今日はまさに地方に行きます。嬬恋キャベツヒルクライムに行ってから来週は初めて開催されるジロで庄内に参加します。
どちらもエントリーは閉め切られてますが、ぜひ足を運んでください。スタート会場の雰囲気はとても楽しい。そして参加者を見送ってから、ゆっくりと地元を楽しんでください。
これは我々ができる立派な地域活性化です。
待ってます。
嬬恋キャベツヒルクライムはこちらへ: https://tsumagoi-cabehill.net/
ジロで庄内はこちらへ:
https://girodeshonai.com/


追伸:このかわいいピーマンは現在、僕の細胞の一部になっています。ごめんなさい。。。汗

2019年8月30日金曜日

ほっこりする可愛い映画を発見!


日本テレビのチャリティー番組「24テレビ」枠内で放映されたドラマ「絆のペダル」を見て、相葉さんの演技の下手さをさておいて(薬師丸ひろ子はバブルまる)、自転車映画作りの難しさを実感しました。
人間ドラマ部分を別としてロードレースの撮影は、現場を経験を積んだ人でないと、その迫力はなかなか伝わらないものです。いいストーリーだったのに、残念!

さて、9月12日にほっこりする自転車映画が公開されます。南フランス、プロヴァンス地方にお店を構えるすご腕の自転車屋さんの話です。ただ、とんでもない秘密を心の中で潜んでいます。本人は自転車に乗れません!どうなるのか!

原作は87歳の大人気フランス人作家、ジャンジャックサンペが描いた漫画です。描写は柔らかく、映画は見事にその世界観を描いています。
この作品の中でビンテージ自転車がたくさん出ます!しかし自転車はコミュニケーションのツールであり、人間の成長を見守るものとして登場しています。自転車ファンだけでなく、人間ドラマが好きな人にもぜひ見て欲しい映画の一つです。特に”自転車=戦い”に疲れた人にぴったりの映画だと思います。
公式サイトはこちたへ。
http://www.cetera.co.jp/imasaraienai/

2019年8月19日月曜日

うまくいかない場合、その道のプロに聞くべき!


雑誌を読んでも、インターネットで検索しても、友達に聞いても、どうやってもうまくいかない。
スポーツ、料理、言葉の学習、趣味、仕事など。。。ある程度自分で頑張っていましたが、成長が止まった!と感じてしまいます。どうすればいいのか。
その道のプロから見てもらうしかありません。
弱点を修正をしてもらってから、もう一度自分でもがいて、試して、そして壁にぶち当たった時、またプロにみてもらいます。
まずは自分で考えてがんばる!そしてどうしてもうまくいかない場合、プロに見てもらう。これが進化するためのベストな方法だと思います。

もうすぐイタリアから元ロードレーサーチャンピオン、ダミアノ・クネゴがやってきます。クネゴ選手は天才ヒルクライマーだと呼ばれ、ジロ・ディタリアだけでなく、ジャパンカップ、クラシックレースにも優勝。
今回、新潟県で行われる Tour de Tsumariでヒルクライム教室を開きます。
ヒルクライムが苦手で進化したい人はぜひ受講してみてください。新潟県、富山県、秋田県など、妻有市で集合しましょう。

クネゴのトレーニング方法はこちらへトレーニングへのお申し込みはこちらへ

2019年8月16日金曜日

サイクリングイベントは楽しい!!!

短いビデオですが、11月中旬に千葉県南房総を舞台とするサイクリングイベントの様子が映し出されています。その名は「FERRO Mari e Monti(フェッロ ・マリ・エ・モンティ)」。



大会名はイタリア語を由来とし「鉄、海、山」を意味します。「鉄」とは、スチールバイク、「海」と「山」は南房総を表現しています。
サイクリングイベントはたくさんあります。
・地元を盛り上がるために行うイベント
・地元を発見するために行うイベント
・楽しいから行うイベント
・好きな者同士と交流したいから行うイベント

フェッロ ・マリ・エ・モンティは全ての様子を取り組んでいるのかな?
ぜひご参加してみてください。
https://www.ciclistaingiappone.jp/ferro-mari-e-monti/

2019年8月6日火曜日

スポーツイベントは人を幸せにする!

日曜日の出来事。
橋下駅から道志道に向かう途中で、夏にいつも立ち寄る野菜の直売場があります(上のの写真)。ちょうどセブン・イレブン (相模原津久井青野原店)の手前です。決して綺麗なところではないですがここで新鮮なトマトや胡瓜を安く買い、コンビニでさっと洗って塩をかけて食べます。今回は面白いことがあります。
店当番をしている(とても明る〜い)おばあちゃんたちは自転車に乗ってきた僕と仲間を見て、2週間目に実施された東京オリンピックプレイベントを興奮しながら語っていました。

おばあちゃんA「すごかったわね。早かったしね。」
おばあちゃんB「風のように前を通りましたね」
おばあちゃんA「車も多かったし、格好良かったね」
おばあちゃんB「ヘリコプターも飛んでましたね」

おそらく何年もの間、山中湖に向かう数多くのライダーを見ても、おばあちゃんたちは自転車にそれほど興味を持たなかったですが、今回はオリンピックという祭りを目の前にしてきっと興奮を覚えていたでしょう。

確かにスポーツイベントは人を幸せ、また興奮させる不思議な力があります。
自転車レースの場合、数時間にわたり道が封鎖されるため、見慣れた光景は一変します。日常が非日常に変わる瞬間です(ラリー、マラソン、トレラン、花火祭りとも同じ)。

さて、来年はいよいよ東京オリンピック!これを体験した人たちはスポーツイベントを邪魔者扱いにしないで、楽しい非日常的な時間としての楽しさを知ってもらいたいですね。
フォルツァ・イタリア!
フォルツァ・日本!

2019年8月2日金曜日

Damiano Cunegoによるヒルクライムメソッド開催!


2020年から本格的に発足Damiano Cunego Cycling Project (ダミアノ・クネゴ・サイクリング・プロジェクトがスタートします。
その前に、活動の一環として天才的なヒルクライマーとして力を発揮した、ダミアノ・クネゴによるヒルクライムレッスンが新潟県妻有市で行われるTour de Tsumariの前日8月24日(土)に実施されます。
ヒルクライムの成績が伸び悩み方、山を軽く登りたい方、マンネリ化したトレーニングを改善したい方、プロからの直伝のアドバイスやトレーニング方法が学べる絶好の機会です。私自身も受けてみましたが、結果は次のようなものです。
・翌日は足棒のようになっていました(笑)
・またその翌日は蝶のように坂を登っていました。

効果はとにかくすごいです。興味のある方はぜひご参加ください。
お申込みはこちらへ

DCCPの詳細はこちらへ。

2019年7月30日火曜日

悪天候は気にしない!気にしない!

近年の天候不順によるスポーツ大会(特にマラソンやトライアスロン、自転車競技など)の中止が相次いています。一方、海外では、土砂崩れや道路崩壊など、よほどのことがない限り、大会は中止されません。中止いならないように、警察も自治体も組織委員会もみんなで解決口を考え努力します。

このビデオをご覧ください。スペインで行われたジュニア男子(17−18才)のステージレース、「Volta al Penedès Junior」の様子です。
個人的に雨と強風は嫌いではないので、このビデオを見ると一緒に走りたいぐらい最高の気分になります。


この下は昨年、弟が参加したヴェネツィアマラソン大会の様子!
水なんて、気にしない!気にしない!




2019年7月16日火曜日

NIPPOの体制が変わる?


長年お世話になり、私が大好きな自転車の世界に本格的に入るきかっけとなったチームNIPPO・ヴィーニ・ファンティーニですが、運営に携わっているSTC PRO Srlは今年度を持って撤退し、チームは解散することになりました。
昨日の深夜からイタリアの自転車関連サイトは騒ぎ始め、今朝の全国紙「ガゼッタ・デッロ・スポルト」にチームの活動停止のニュースが飛び込みました。

スポーツの世界、特に自転車競技の世界ではチーム解散のニュースは珍しくないです。
自転車競技チームの経営基盤はスポンサーから提供される資金とレースの微々たる賞金からなりたっています。

でも!!!NIPPOからまだ公式見解がなく、どんなリリースがくるか楽しみにしています。今回は一つのピリオドだけの終焉ですが、今のチームの体制で最後まで元気に走るので、みんなで応援しましょう!!!

記事はこちらへ
https://cyclist.sanspo.com/480713

2019年7月14日日曜日

決して満足するな!


久しぶりに私が担当しているコラム「つれづれイタリア〜ノ」が掲載されました。
今回のテーマは、今年監督としてNIPPO・ヴィ二ファンティーニ・ファイザネに加わった水谷監督のインタビューです。
実際にレースで戦うのが選手たちですが、選手たちの可能性を引き出すのが、監督なのです。
インタビュー野中で水谷監督が特に言いたいのが、「決して満足するな!」ということです。
その通りだと思います。満足をしてしまうと、人間も会社も成長できなくなり、衰退の道を歩んでしまいます。
面白い内容ですので、ぜひ読んでみてください。梅雨がもたらす鬱な気分が吹っ飛びます。
https://cyclist.sanspo.com/478265


2019年4月1日月曜日

遂に書店ジャック達成!

恥ずかしい話ですが、今、全国の本屋さんで私の汚い顔が出ています。エイ出版は定期的に月刊誌バイシクルクラブで掲載された記事をまとめてムックに出しています。今回、私は表紙を飾ることになりました。

全面的に前にでることがあまりないのでちょっぴり恥ずかしいです。
ムック自体は読みやすく役に立つ情報が多いので、ぜひ読んでみてください。近くに書店がない場合、ネットで注文してみてください。
バイシクルクラブセレクション 始めよう! ロードバイク



2019年3月20日水曜日

エロイカセミナー開催in大阪

セミナー開催のお知らせです。
3月23日(土)大阪で初めてエロイカセミナーが行われます。エロイカの誕生の背景やイタリア社会にもたらした影響だけでなく、ヨーロッパにおける長い自転車文化について話します。
関西に住んでいる方、ビンテージの世界に興味のある方、ぜひお申し込みください。

■テーマ:世界最大のヴィンテージバイク イベント「L’Eroica(エロイカ)に学ぶ」― L’Eroicaが気づかせてくれるもの―
■日時:2019年3月23日(土)11:30〜13:30
■ナビゲーター:ファヴァロ・マルコ
<スポーツジャーナリスト、(一社)国際自転車交流協会理事>
■会場:Abenova(アベノバ)(大阪市阿倍野区西田辺町 2-6-21)
■アクセス:地下鉄御堂筋線西田辺駅 徒歩6分、JR 阪和線鶴ケ丘駅 徒歩3分 
■定員:20名(先着順)
■参加費:無料
■募集方法:メールのみ(info@eiyujapan.com

2019年3月14日木曜日

嬉しいお土産:キノット!


昨日嬉しい土産をもらいました。サンペッレグリーノのキノットです。
ちょうどティッレーノ・アドリアティコを見ていたので、何かイタリアの飲み物を飲もうと思い、最高のタイミングでした(今花粉症中ですので、ワイン類を控えています)。

キノットは日本であまり馴染みのない飲み物ですが、キノットという苦味の強い柑橘類をベースとした清涼飲料です。カンパリの製造にも使われます。色はコカコーラ!味は。。。キノット!。。。と書いてもわからないですね。
味は。。。ほろ苦い!このほろ苦さはちょうどよく、癖になります。イタリアの子供達もよく飲んでいます。
日本でなかなか店頭に並ばないですが、通販なら買えます。そしてポチッと買いました!w

ちょっぴり大人の味ですが、ぜひ試してみてください。
ここをクリック!
Mさん、ありがとう!!!

2019年3月13日水曜日

二つの海のレース、ティッレーノ・アドリアティコが始まりました!

54年の歴史を誇る二つの海を結ぶステージレース、ティッレーノ・アドリアティコDAZNで始まりました!!!
トスカーナをスタートし、イタリアを横断しながらゴールはマルケ州のサン・ベネデット・デル・トロント。
今年は大きな山岳はなく、TTステージと激しいアップダウンが続くステージばかりです。誰が勝つか全くわからない展開!

かつてファビアン・カンチェッラーラ(2008年)、ステファノ・ガルゼッリ(2010年)、ヴィンチェンツォ・ニバリ(2012・2013年)、アルベルトコンタドール(2014年)、ナイロ・キンタナ(2015・2017年)とグレグ・ヴァン・アヴェルマート(2016年)が総合優勝に輝きました。そして昨年、ミハエル・キャトフスキーがトロフィーを手にしました。
2位と3位にはチャンピオン級の選手たちが並びます。
放送はすでに始まっているので、今すぐDAZNへゴー!!!


※DAZNの超便利なレーススケジュールはこちらへ
http://ロードレース.jp/dazncyclingschedule/

2019年3月8日金曜日

今回のCiclissimoはすごい!


サイクリストサンスポにてつれづれイタリア〜ノというコラムを担当していますが、実は雑誌も本も大好きです。仕事の関係で自転車関連の雑誌をよく買いますが、時間が許す限り、小説にも手が伸びます。イタリアに帰る度にBicicsportを必ず買いますが、日本が誇るロードレースの専門誌、CICLISSIMO(チクリッシモ)も内容が濃くとても興味深い雑誌です。

今回、宮本あすかの記事に目が止まりました。タイトルは「越境者たち」。日本とイタリアを繋ぐプロコンチネンタルチーム、NIPPO - Vini Fantini - Faizanèの存在意義を伝える記事になっています。
宮本さんの記事が好きで、視点がいつも鋭くスポーツジャーナリストを超える力があります。日本の若いサイクリストたちにぜひ読んでほしい。
フォルツァNIPPO!
買いたい人は最寄りの書店かこちらへ↓

ciclissimo(チクリッシモ)No.59 2019年4月号

さ〜、シチリアへ行こう!

サイクリストサンスポで担当しているコラム、つれづれイタリア〜ノが公開されました。
今回のテーマは、シチリアです。
地中海最大の島、シチリアは様々なことで有名です。映画「グランブルー」の舞台になったタオルミーナ、ヨーロッパ最大の活火山:エトナ山、古代ギリシャや古代ローマの遺跡群、茄子とパルメザンチーズたっぷりのメランツァーネ・アッラ・パルミジャーナ、カジキマグロのカルパッチョ、一個で2000Kcalを摂取するライスボール:アランチーノ、真っ赤で甘酸っぱいブラッドオレンジ、歯肉が痺れるほど甘いカッサータとカンオーロ、など。。。歴史の好きな人やダイエット中の人以外にとっては魅力的なところが満載の地域です。

私はシチリアは一回しか行ったことがないですが、シチリア料理の美味しさの前で負けそうになりました。。。笑

負の遺産もあります。言うまでもなく、「イル・パドリーノ(ゴッド・ファザー)」マフィアの概念を世界中に拡散した地域でもあります。地域によって気をつける必要があります。
このシチリアにはイタリアを代表するロードレーサーが誕生しました。ヴィンチェンツォ・ニバリ(チームバーレイン・メリダ)です。彼がメッシーナ出身で「メッシーナ海峡のサメ」と言うあだ名で知られています。3回ほど来日し、日本でもファンが多いです。その弟、アントニオもプロレーサーで、NIPPOヴィ二・ファンティーニにも活躍しました。

なぜシチリアについて書いたかというと、今年シチリアで新しいステージレースが誕生します。ジロ・ディ・シチリア(シチリア周遊レース)です。驚いたことに開催に必要な資金を全部!州政府が出します。真意が気になったので、調べてみました。そこでわかったのが、このレースは観光誘致の目玉として位置付けられているということです。
さすがイタリア!ぜひぜひコラムを読んでください!

2019年3月6日水曜日

桜ミーティング開催のお知らせです

JAPAN VINTAGE RIDE 2019年の第2弾! "JAPAN VINTAGE RIDE "SAKURA🌸MEETING" の応募が開始されました。
3月31日(日)に花見と同時に鶴岡レーシングの工房見学が実現されます。
その他、今回は6月2日に開催のエロイカジャパンの後援で、 皆さん自慢の愛車のコンクール、「コンコルソ・デレガンツァ」も行われます。賞品は6月2日のエロイカジャパン参加無料など豪華賞品を準備致しました。
今回は最新のバイクを含めた、あらゆる種類のバイクで参加いただけます。 鉄やビンテージ自転車に興味がある方は、ぜひお気軽にご参加できます。
 ※今回はサイクリングではありませんが1㎞弱の自転車移動区間があります。 お車でお越しの場合でも必ず自転車をお持ちください。 

【開催要項】
開催日程:2019年3月31日(日)9:00〜15:00
見学場所:鶴岡レーシング
参加費:6,000円 
協賛:鶴岡レーシング
後援:エロイカ・ジャパン
※イベント保険、ランチ、お花見のおつまみ、ドリンク付き(アルコールフリー)
お申し込み:https://blogs.yahoo.co.jp/exbicycle/39429915.html

<<予告編>>

2019年3月4日月曜日

JAPANSHOP2019:スペシャル・トークイベント開催のお知らせ

今週、東京ビッグサイトにてJAPANSHOPが開催されます。
ジャパンショップとは店舗や施設の空間デザイン・ディスプレーなど、最新情報を紹介日本最大のイベントです。日本の銀行オフィスや空港のロビーなどのデザインを手がける(株)秀光のブースにて二つのスペシャルトークイベントが開催されます。

① 喜多俊之氏 「ライフスタイル・未来」
② ファヴァロ ・マルコ 氏 「イタリアデザインの誕生」

【詳細】
① 10:30 - 11:00/喜多俊之氏 「ライフスタイル・未来」
イタリアそしてヨーロッパと日本そしてアジアをつなぎ、世界中で活躍するデザイナーの喜多俊之氏に、現状の日本における住環境の問題点や、これからの「理想の住まいかた」について、イタリアそして世界の住環境の紹介を交えながらお話しいただきます。今回展示する働き方・住まい方などライフスタイルの変革についてどなたにもわかりやすく興味深い内容となっています。
​​
② 14:00 - 15:00/ファヴァロ ・マルコ 氏 「イタリアデザインの誕生」
・イタリアのデザイン:2000年の歴史
・古い価値観対新しい価値観のライバル関係
・イタリアで綺麗な家を持つ意味
・ライフスタイルに生きるデザイン
2000年の歴史を語ることが至難なの技ですが、なんとかイタリアのデザインの誕生に迫りたいと思います。ぜひ会場でお待ちしています。

日時:2019年3月7日(木)
会場:東京ビッグサイト東4ホール 日経メッセ JAPANSHOP 【JS4201】

2019年2月27日水曜日

UAE Tour 2019絶賛放送中!


みなさん、アラビアン半島で開催されている新しいロードレース、UAE Tourを見ていますか?すごいレースです!毎晩、鳥肌が経っています。
今までの見所を紹介。
  • 第1ステージ(TTステージ)
    大型新人Remco Evenepoulのパワーにびっくり!
  • 第2ステージ(フラットステージ)
    Deceuneck Quickstepの高速列車崩壊! Vivianiが沈没!UAE Emirates、Bravi!
  • 第3ステージ(山岳ゴール)
    世界チャンピオンValverdeの忍法術に驚き!狐なのか狸なのか!
シーズンが始まったばかりですので、トップチームが歯車をうまく噛み合わせることができるか、これも見せ場です。放送の時間帯も最高ですのでぜひみてください!
8時ですよ!DAZNで全員集合!!!

2019年2月21日木曜日

「薔薇」なのにハートを届けるメーカー

人気サイトのサイクリストサンスポで担当しているコラム「つれづれイタリア〜ノ」を始めて、すでに5年が経ちました。ライトな物からディープな物まで、自転車を通してイタリアと日本を繋ぐ様々な様子を記事にしています。
今回はデローザCEOを務めるクリスティアーノ・デローザにインタビューしました。小さいながら奮闘を続けるイタリアを代表するフレームメーカー、デローザについて色々と聞いてみました。
古くからのファンなら、デローザ=ウーゴのイメージはまだ強いでしょう。創業者のウーゴ・デローザは伝説のレーサー、エディ・メルクスの厳しい欲求に応えるため、年間50代のフレームを作ったと伝えられています。腕が上がるにつれて、フレームの評価も上がり、結果的に創業65年を超えてもプロアスリートに愛されているブランドになりました。
さあ、薔薇の世界へようこそ。
https://cyclist.sanspo.com/452885
プロの世界は面白い!
(↑まだまだ元気なウーゴ・デローザ)

2019年2月19日火曜日

何を隠そう!バルサミコ酢信者です!

みんなそれぞれ好みはありますが、小さい頃からポテチやスィーツよりも苦味の強い食べ物(特に根菜類)と酸味の強い物が好物でした(昔からかなり変わった子供でしたね)。
おじいさんは農家だった影響だと思います。
今、日本のスーパーで甘〜い野菜ばかり売られていますが、イタリアの太陽をたっぷり浴びる野菜は味は野生的で強い。その中で自家製のラディッキオ・ロッソ(赤いレタスのような物)を好んで食べていました。根っこは苦くて、興奮して食べていました。
酢物として、自家製のピクルスや自家製のワインビネガーもありました。ホワイトビネガーは酵母菌から作っていました。
しかし、15歳になった時、衝撃の出会いが待ち受けていました!
初めてラヴェンナ市を訪れた時のことです。友達の家まで遊びに行って食卓に置いてあったのが、私が慣れ親しんだワインビネガーではなく、酸味と甘みを絶妙に交差し合う黒い酢でした!バルサミコ酢です(*イタリアではドレッシングは自分で作る文化です)。

地ビールがあるように、バルサミコ酢も「地酢」の一つです。その原産地はボローニャ(ボロネーゼソース発祥の地)とパルマ(パルマ産生ハム発祥の地)の間にあるモデナ市です。私のふるさと、ヴェネト州では売っていませんでした。友達のお母さんはまさにモデナ出身でした。
「バルサミコ」の意味は「薬用」です。伝統的に様々なスパイスや薬草を酢に混ぜて、樽で熟成させるものでした。強烈な酸味のホワイトビネーガーと比べて、バルサミコ酢は酸味がマイルドで貴族だけが楽しむ贅沢品でした。
私も虜になりました。
実はイタリアでも広く普及し始めたのが、90年代後半からでした。現在、置いていないレストランはありません。そして嬉しいことに日本でも簡単に購入できるようになりました。個人的によく使うのが、このブランドです。


モデナ産 アチェート バルサミコ オリタリア 1000ml Olitalia Aceto Balsamico di Modenaです。
びっくりするほど安いですが、ちゃんとモデナ産でおいしいです。必ず3本をストックして、ドレッシングにも料理にも使っています。
お財布に優しいので試してみてください。

2019年2月18日月曜日

世界の問題解決!

インターネットで面白い画像が出回っています。面白すぎて紹介します!
アメリカ、ロシア、中国、スイス、そして日本!。。。イメージ通りの展開!素晴らしい!
私の国イタリアは、実はパスタではなく、コーヒー杯、またはスプリッツ一杯を飲むと、大抵の問題が解決します。
イタリアでビジネスをやった人がわかると思いますが、延々と続く会議よりも席を立ち、近所のバールに向かい、エスプレッソコーヒー一杯(130円)またはスプリッツ(軽めのカクテル、320円)を飲みながら、大抵の問題の糸口が見えてきます。日本で売れない秘伝のコーヒーや魔法のスプリッツを飲んでいる訳ではありません。「席を立つ」という行為が大事なのです。
体を軽く動かすことで脳に新鮮な血が巡り、多くの場合は気分がリフレッシュします。そして気づかなかった解決策が見えてきます。今まで知り合った優れた社長の特徴です。とにかくずっとPCの前にいないことが多いです。積極的に人に会い、人と飲み、人と交流し、外の世界にも答えを求めます。
(ま、イタリアの場合はバールにいる時間が少し長いから改める必要がありますけどね。。。汗)

がんばれ!日本!
Forza Italia!

2019年2月15日金曜日

スポーツドキュメタリー映画黄金期?

イタリアで面白いことが起きています。
スポーツに成功した人の生涯を描いた多くのドキュメンタリー映画が作られています。イタリアのスポーツ会は低迷しているため、過去を懐かしむ人が多いのでは?とふと思ったら、違うみたいです。自転車競技、サッカー、バレーボール、スイム、F1、オートバイなどで好成績を残しているイタリア人選手は少なくない。
何が不在しているかというと、濃いキャラの人です。
自転車競技のマリオ・チポッリーニとマルコ・パンターニ、サッカーのフランチェスコ・トッティのような驚きに満ちた選手は少ない。おそらく、スポーツ会はあまりにも科学的になりすぎて、人間の様子が入る隙がほとんど残されていないということです。
チームSKYはまさにこの状況を代表しています。
結局、イタリア人は過去に驚く行動を取った選手の生き様が好きです。世界中で絶大な人気を誇っている映画「Bohemian Rapsody」に似ています。



これが2018年に上映されたイタリアの伝説のレーサー、フランチェスコ・モゼールの生涯を描いた映画です。イタリア人選手の中でもっとも輝いた選手の一人で、彼の最多勝を破った人はまだいません。この映画の内容が深く、素晴らしく鳥肌がたちます。日本でもぜひ公開してほしい。

2019年2月8日金曜日

JVR×B.B.BASEコラボ企画開催

2月23日(土)に南房総を舞台とするサイクリングイベントが開催されます。
JVR×B.B.BASEの夢のコラボ企画です。
話題のロードバイク専用電車B.B.BASEに乗り、南房総館山市を目指し、そこから南房総の春を先取りする企画です。
今回のテーマは鉄バイクと鉄道の融合です。トークショーの他、乗車の皆さんによるコンコルソ・デレガンツァ(愛車コンクール)、B.B.BASEを手掛けたエンジニアによる開発秘話など、鉄バイクと鉄道の鉄x鉄マニアに贈るディープなイベントを開催予定

※乗車にはイベント参加費用と別にB.B.BASEのチケット購入が必要です。
※ライドイベントのみの参加(館山駅合流)も可能です。
両国からBBBで往復参加の方は、JR専用サイト(こちら)からお申込み、2月23日(土)の内房コース(両国⇔館山)の「往復コース」 をお選びください。
私もゲストとして参加します。B.B.BASE車内でトークショーを行ったり、車内イベントもり沢山です。ぜひぜひご参加ください。
イベントの詳細やお申し込み情報こちらへ

【主な時間】
 行き 両国07:39発⇒館山09:55着
 帰り 館山16:40発⇒両国19:08着

2019年2月5日火曜日

おしゃれな冬には。。。鮮やかなアクセントを取り入れるべき?

2月になりましたが、まだ悪い天気が続き、外は寒い!
自転車、特にロードバイク用のウエアはピチピチして、練習以外はあまり着ません。街中や通勤の時は自転車に特化し普段着に見えるウエアを選びます。
個人的に落ち着いた色も好きですが、鮮やかな色の服装はもっと好きです。性格上でどうしても明るい方向に走ります。
冬は渋い色が多い中で、どこかで必ず明るいアクセントを取り入れるようにしています。スポーティーで遊び心のあるシューズを履いたり、またはオレンジや赤、ピンクの入った服装を選んだり、着まわしをしながらおしゃれを楽しんでいます。
最近よく着ているのが、カペルミュールがこの冬に発売したカーキ色のこのジャケットです。オレンジのアクセントは良く、顔は輝いて見えます。
ぜひぜひ今年も楽しい冬を楽しんでください。